子供の風邪に良いのはごはん?子供の風邪にふさわしい主食を考える

生活関連

親にとって、子供の風邪って変わってやりたい!
と思うものですね。

熱が出ていたり、のどが痛かったりで
何も食べないとなおさら心配ですよね。
「何を作ってあげたらいいの?」
そんな状態のお子様に一番いい情報
をお届けします。

子供の風邪に米飯は悪い?

風邪を引くとお腹の調子が悪くなることがあります。
そんな時は「お粥」や「うどん」などの胃腸のcbd3fb3f7724a6d555209e89b081cea8_s
負担にならない消化が良い食事を作りしょう。

ごはんは普段よりも柔らかめがいいのですが
むしろ「お粥やおじや」のほうがお腹の負担は
少ないですね。

また、他にも用意する場合は できるだけ
刻んだりすりおろしたりして細かくしましょう。

食材としては、
・大根=消化を助ける作用、
・玉ねぎ=解熱効果や咳を鎮める作用、
・生姜=体を温める作用、
・ネギ=殺菌効果と血行促進効果
上手に組み合わせましょう♪

◆たまご雑炊

〈材料〉60c4876be3e73e8ee2458b9df7194b6b_s
・ご飯:お茶碗1杯分
・卵:1個
・醤油:小さじ1
・みりん:小さじ1
・だしの素:小さじ1
・水:250cc
・すりおろし生姜:少々
・きざみネギ:適量

〈作り方〉
①お鍋に卵以外の材料を入れて火に中火にかけます。
②沸騰したら弱火で5分ほど煮込みます。
③卵をほぐして②の中に回しいれたら、
弱火で1分ほどかきまぜ火を止めます。
④すぐに蓋をして5分ほど蒸らせば完成です。

小さなお子様の場合、そばを離れられませんね。
そんな時に時短で作ることができます。

◆レンジで作るおかゆ
〈材料〉
・ご飯:子供茶碗1杯
・水:100cc
・塩:ひとつまみ

〈作り方〉
①ご飯をサッと水で洗います。
②耐熱ボウルに①と分量の水を入れます。
③ラップをかるくかけ、電子レンジで3分
加熱し、3分蒸らせば完成です。

子供の風邪に良い主食は一体何?

主食はとにかく消化がいいものですね。
栄養を付けたいからと、高カロリーなもの
を考えてしまうかもしれませんが、それより
心配なことがあります。

それは「脱水症状」です。
子供が熱を出した時には、おしっこの色に注意してください。
おしっこの色が濃い色の場合は脱水の可能性があります。

水分補給の際にも注意事項があります!
胃腸に優しいもの、という事がとても重要です。

なぜなら風邪の時は消化機能もダメージがあると
思ってください。牛乳などは胃腸に負担と
なりますので避けてください。

水分補給はイオン飲料やリンゴジュースを
水で薄めたものがいいでしょう。

(ミカンジュースはNGです)

冷たいものは口当たりがいいようですが
弱った胃腸には刺激がありますので、常温の
もので飲ませてあげてください。

いくら飲みたがっても一時に大量はダメですよ。
少量づつを数回にわけて飲ませてあげてください。
959fe7f7541ab1924e7323f1323af7db_s
◆主食=おかゆやうどん
体のエネルギー源の炭水化物ですね。
消化もよく吸収もいいので、胃腸が弱っているときには
より早く体力の回復を促す主食です。

熱が下がり始める時には、体から熱が出ていきます。
そのため体が冷えることもあります。
温かいおかゆやうどんで、体内を温めることも効果的です。

◆そのほかのおすすめは
発熱している時は、糖分や消化の良いものが一番です。
特にゼリーは消化しやすく負担も少なく、
子供さんには食べやすいので助かりますね。

栄養補給によい機能性食品のゼリーはおすすめです。

はちみつには「抗酸化作用」「殺菌効果」があり
のどの痛みをらくにして、免疫力が高まります。

葛根湯は昔から風邪を引いた時に良い漢方薬です。
解熱作用があり、風邪の症状を抑えてくれます。
葛切りは、葛根湯の原材料の葛根が入っています。

◆避けたい食品とは
ピーナッツ、おせんべい、フランスパンといった
硬い食べ物(多分に食べたがらないかと思いますが)

昔からお粥に付き物の梅干しやお酢などといった
酸っぱい料理や辛い料理も避けましょう。

きゅうり、トマト、なす、そば、貝類といった
ものは喉を冷やすので避けられた方がいいようです。

のどの痛みや咳の場合は、昔から「大根はちみつ」
がいいとされています。
これは大根にはちみつを注いで浸けるだけです。

◆経口補水液の作り方
簡単に作れますのでご自分でお作りくださいね。

《材料 》(1リットル分)
・湯冷まし:1リットル
・砂糖:大さじ4・1/2(40g)
・食塩:小さじ1/2(3g)
・レモン果汁:お好み

《手順》
①水を沸騰させます。
②湯冷ましにして、砂糖と塩をくわえよく溶かします。
③よくかき混ぜてさまします。
④お好みでレモン果物などの果汁を加えると
飲みやすくなります

「ポイント」
果汁を入れることで、カリウムの補給にもなり
一挙両得ですね。
咽喉がかわいていても、一度に飲ませると
吐き戻すこともあります。
200mlを1時間を目途に飲ませるのがポイントです。

手っ取り早く購入したい方はこちらもあります→
廣貫堂 経口補水液 500ml×24本[廣貫堂 経口補水液]【あす楽対応】【送料無料】

まとめ

f9f90ebd9d2e06b083adf9003fe0f541_s
子供の病気は、見ているだけでつらいものです。
ましてや熱を出していたり、のどが痛かったりすると食べ物もうけつけません。
心配でおろおろしてしまいがちですが、気を取り直して元気になれる食事を作ってあげましょうね。

コメント