クリスマスツリーにぴったり!3D折り紙で作れる立体飾り

イベント

クリスマスにはクリスマスツリー

飾り付けたいけど、毎回出すたびに飾りが減っていたりします。
そんなとき、折り紙なんかで作れたら良いですね。
お子さんと一緒に作ると、より楽しいかも!

今回は、折り紙で作るクリスマスツリーの立体の飾りをお教えします。

スポンサーリンク

こんなに作れる!立体飾りの種類

christmas-566683_640

では、クリスマスツリーの飾りに合う立体折り紙を紹介します

☆雪の結晶
作り方は七夕の時の飾りに似ていて、クルクルの網みたいです。
これを6個ぐらい繋ぐと雪の結晶になります。

☆サンタのブーツ
平面のサンタのブーツに比べると魅力的です。
折り紙1枚で出来ますが、両面に色がついている折り紙を使うと綺麗です。

☆プレゼントボックス
大きいものを作りたいときは大きい折り紙で。
でも、小さいものも可愛いかも。

☆オーナメント
クリスマス以外に誕生日にも使えます。

☆スターオーナメント
立体の星のオーナメント。
和風柄にすると、少し重みを感じます。

☆リボン
ハサミを使って作るので、少し面倒かも。
でも、アクセントになって可愛いです。

☆トップスター
ツリーの一番上に飾る星です。
普通の星だとパッとしないので、同じものを6個作って合わせて作ります。
折り紙でも画用紙でもOK。

スポンサーリンク

立体飾りをクリスマスツリーに飾る時の注意点

christmas-wreath-1043283_640

1 まず注意していただきたいのは、紙で指を切らないこと。
それでも、折り紙などの紙類は知らないうちに切ったりします。

2 飾りをつける際、針金やモールを使うときに指を突かないようにしましょう。紐などの方が安全です。
お子様がいるときは、作っているときも飾るときも注意してください。

3 折り紙で作った立体の飾りは破けやすいし形が崩れやすいので、気を付けましょう。
飾る時は、なるべく大きいものからつけた方が良いと思います。

4 大きい飾りから均等に飾り、同じものがくっつけないようにしましょう。
その方が、全体のバランスも良くなると思います。
そして一度離れて見て、おかしいと思うなら修正しましょう。

今回は、立体飾りの種類を紹介しましたが、いかがでしょうか?

クリスマスの飾りを手作りするのって、もうすぐクリスマスなんだなぁってワクワクしちゃいますね。

パパ・ママは、クリスマスのプレゼントや料理なんかも大変でしょうが、
クリスマスツリーも飾りつけしないと、クリスマスの気分じゃなくなるような気がします(笑)
お子さんがいれば楽しみながら一緒に飾りつけできますし、その日が来るまで待ち遠しいと思います。
是非ご家族で、良いクリスマスをお過ごしください。

コメント