チャイルドシートは何歳まで!?法律上の制度を調べてみた

生活関連

子供も少し大きくなってきたし、チャイルドシートは
何かと面倒だし、そろそろ普通に座らせても大丈夫じゃないかな?

なんて考えたことありませんか。
確かに、チャイルドシートは面倒ですね。
イヤイヤする子でも乗せなくてはいけませんし、
他人の車を借りるならば、チャイルドシートは持参しなくては
いけません。

しかし、法律上でチャイドシートの使用は義務付けられています。
その法律の内容を皆様はご存知でしょうか?

チャイルドシートを無理やり外すと捕まるの!?

6歳未満の子供を車に乗せる場合、チャイルドシートの装着が
法律によって義務付けられています。

法律で義務付けられているということは、
それを守れないと罰則があるということです!
d48107dcf92f06ebfc5be6078ee512e2_s

それは、
「幼児用補助装置使用義務違反」というものに該当し、
違反点数は、1点になります。

ゴールド免許だったのがチャイルドシート装備の違反で
ブルーになってしまったなんてことのないように注意
したいところですね!

でも、それほど注意深くみられているのかしら?と
油断していてはいけません。

子供がぐずったために、後部席で子供の隣に乗っていたお母さんが
子供をあやすために自分の膝に子供を乗せましたが、
車はそのまま走っていたため、警官にとめられて
違反切符をもらってしまったなんて話もあります。

子供をあやす際には、どこかに車を停めて行うと良いでしょう。

このように、子供をチャイルドシートから出すだけでも
警官が飛んできます。ましてチャイルドシートを外すなど
もっての外です!
999ec03f68e048a76fbbd78ce5024b66_s

子供の安全を第一に考えるならば、車に乗る際には
必ずチャイルドシートを装備して、子供をそこに
乗せてあげるようにしましょう。

どうしてもチャイルドシートを装備するのが面倒だ
と感じられる方がいらっしゃったら、車ではなく、
電車で外出することをおすすめします。

法律にも子供にも優しいチャイルドシートの外し方

チャイルドシートは6歳未満の子供を車に乗せる際には
必ず装備しなくてはいけないという話をしてきましたが、
例外もあるので覚えておくと良いでしょう。

チャイルドシートがなくても違反にならないのは次の
場合においてのみです。

①座席にチャイルドシートが固定できない場合
 後部席にシートベルトがないタイプの車もあり、
 そうした車にはチャイルドシートが固定できないので、
 チャイルドシートが免除になります。

②乗車人数が多くチャイルドシートを利用することが出来ない場合

③子供の病気やケガで、チャイルドシートに乗せると症状が
 悪化する可能性のある場合

④極度の肥満などの身体の状態によってチャイルドシートが使用
 出来ない場合

⑤バスやタクシーに乗る場合
バスやタクシーなどはチャイルドシートが免除されています。
 
⑥身長が140cmに達しており、適切にシートベルトが装着できる
 幼児の場合

となっています。
ですので、上記の場合以外は、必ず車にチャイルドシートを
装着しなくてはなりません。

もし、どうしてもチャイルドシートに乗せずに
車に乗せたいというのであれば、タクシーを
使用するのが良いでしょう。

コメント