SMAP が紅白オファーに対して沈黙する理由が切ない

今年最大のスクープ!「SMAP解散」

2016年12月31日にあの人気グループSMAPが解散するということは
日本中のだれもが承知の悲しいニュースです。。。

今ファン含めて多くの方が注目しているのはそういう幕引きをするのか?
そこで、年末の国民的番組『紅白歌合戦』に5人そろって出場するのでは?
こんな噂は絶えません。

SMAPに対してオファーをしている事はNHKも認めているのは周知の事実。
しかし、一向にそれに対するコメントは一切ありません。
そう沈黙を貫いているのです。

その沈黙には理由があるのか?
その沈黙は実はドラマチックなフィナーレに向けての仕掛けなのか?!

最後の最後まで目が離せない話題である事は間違いありませんね

Sponsored Links

smapkouhaku 私、スマップのキムタクが大大好きですから
世間でキムタクのバッシングを見るたびに
「違う!キムタクはそんなんじゃないんだから!」
と怒りポッポでした。

大みそかの「第67回NHK紅白歌合戦」の出場者が発表されました!
個人的にドキドキしてました。
「最後の最後のSMAPの姿を《永久保存版》に録画しなくっちゃ!」

でも残念なことに46組に名前が出てきませんでした?

そしてこんな報道がされました。
「オファーはさせていただいておりまして現段階では出演いただけるとも、いただけないともお返事をいただいていない」

NHKのオファーにSMAPの回答は「沈黙」だった!
なぜ、「快諾」とも「辞退」とも、いずれの返事もしなかったのか?

今年もシングル発売もコンサートもなかった。過去にもそんな状況で出演辞退があった。
では、今回「辞退」を申し出ないのか?
そこにはNHKへの配慮があったようでした
NHKサイドの粘り強い交渉を宣言にたいして、むげに言い出せなかったとの意見が多いようだ。

SMAPとしての最後の「配慮」と「遠慮」で時間はどんどん過ぎていき
結果は沈黙ということ“答え”になった経緯があるようです。
NHKは現在もSMAPの特別枠での出演交渉を続けているといいます。
「十分チャンスがある」とコメントが出たが…
現状では辞退から一転数兆しは見えてこないようです。


さて、いろいろな噂が出た今回の解散騒ぎですが
私個人として模索する中こんな意見を見つけました。

過去にあの話題になった女性マネージャーがSMAPを引き連れて独立!
という騒ぎがあったようです。
その時に木村ただ一人が断ったため独立が夢の泡となった経緯があるようです。


「彼は、自分の芸能人としての価値に自信が持てなかったんです。木村は、ドラマでも視聴率30%を超える作品を連発した過去があり、
大人気芸能人として君臨してきましたが、彼自身はそれが自分の才能によるものとは考えていませんでした。
あくまで、ジャニーズ事務所に所属し、SMAPという肩書きがあったからこそできたことだと自覚していたんです」(芸能関係者)


「別に彼の肩を持ちたいわけじゃありませんが、彼は冷静に状況を俯瞰でき、自分のことを客観視できる人間です。
事務所を出てジャニーズやSMAPの看板がなくなり、ひとりのタレントになったとき、仕事をコンスタントにもらうだけの実力はないと自分で判断した。だからこそ独立を断ったんです」(同)

 気持ちはわかるが、ジャニーズやSMAPの看板で仕事をしていたのは他のメンバーも同様だ。木村と他の4人は何が違うのか。



・中居正広はMC業で絶対的な信頼。
・香取慎吾はバラエティ番組などで自分の役割を。
・草なぎ剛はドラマや映画で評価。
・稲垣吾郎は誰も真似できない独自の路線を貫き確立。

木村は、メンバーの強みを分かり自分には何もないと理解しているとの見方があるようです。
その上、木村は家族を養う義務があります。
他のメンバーのように自由に生きられなかった(同)

木村拓哉さん!
どんな状況になろうとも、私は応援していますよ!!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。