必見!白いシャツの黄ばみが落ちる5つの裏ワザ

Sponsored Links

真っ白いシャツが黄ばんでしまった人「集合!」
例えばご主人のYシャツ、親元を離れて働く新卒のサラリーマンやOLさん。
さぞ、お困りでしょうね。
でも、お洗濯ママの裏技で白いシャツは真っ白に!「黄ばみよサヨウナラ!」です。

Sponsored Links




まずは黄ばみの原因を知ろう



①黄ばみ:皮脂が原因です。
②黒ずみ:皮脂汚れにプラスほこりなどがついています。


皮脂とは油です。
体から出る皮脂は肌を守るために出ているのですが、服についたときはなかなか取れません。
だって油ですからお水では取れにくいんですよ。

でも、黄ばみの原因になぜ「黒ずみ」がって思われましたか?

それは、下の層に黄ばみ汚れがあって、その上にほこりなどの汚れの黒ずみが乗っかってるからです。
だから、黄ばみを取ろうと思ったら、まずは黒ずみを取らなくてはいけないんです。
%e7%99%bd%e3%81%84%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%84%e3%80%80%e9%bb%84%e3%81%b0%e3%81%bf%e7%94%bb%e5%83%8f3
  

白さを取り戻す5つの裏ワザとは?


■ 裏技ポイント1=漂白剤の使用
■ 裏技ポイント2=歯ブラシを使う
■ 裏技ポイント3=重曹を使う
■ 裏技ポイント4=意外?スチームアイロンの効果
■ 裏技ポイント5=お湯を使う

では、その使い方についてご説明します。

まず、漂白剤には「塩素系漂白剤」と「酸素系漂白剤」があります。
・ 塩素系漂白剤:
       漂白の力は強いですが、色が入っているものには使えません。
       布に塩素系漂白剤禁止マークがある場合は使えません。
・ 酸素系漂白剤:
       こちらは絹とウール以外なら使用可能です。カラーの柄が履いていてもOKです。

【軽い黄ばみの場合】

《用意するもの》
・ 台所用洗剤:どのメーカのものでも構いません。
・ 酸素系漂白剤:液体タイプと粉末タイプがあります。今回は粉末を用意してください。
・ 歯ブラシ:柔らかめの方が布を傷めないので◎「ここでポイント2の登場です」
・ 洗面器:あるものでOK
・ 洗濯機:ご家庭の洗濯機です。

《手順》
① 襟の部分の黄ばみに直接台所洗剤を付けます
(淡い色だと薄くなる危険があります。かけすぎないでください)
② 歯ブラシを使って優しくゴシゴシしてください⇒これで黒ずみが取れてきます。
③ 洗面器に40度~50度のお湯を入れ、漂白剤20g~30gいれしっかり溶かします。
④ そこに②のシャツを20分~30分つけ込みます。
⑤ あとは普段と同じように洗濯機を回してください。

【ガンコな黄ばみの場合】

《用意するもの》
・ クレンジングオイル:どこのメーカでも構いません。(100円ので十分です)
・ 重曹:薬局やドラッグストアーにあります。100均にもありますよ。「ここでポイント3の登場です」
・ 酸素系漂白剤:今回も粉末漂白剤を用意してください。
・ 洗面器:あるものでOK
・ スチームアイロン:スチーム機能が付いたアイロンを用意。「ここでポイント4の登場です」
・ 洗濯機:ご家庭の洗濯機です。

《手順》
① 襟の汚れている部分にクレンジングオイルを塗ります
(指に取り布に擦り込んでください。黒ずみを浮かして落とせます)
② 襟にぬったクレンジングオイルを洗面器で落としましょう。クレンジングオイルの効果で襟の黒ずみが落ちていきます。
③ 裏技薬剤を作ります。
「漂白剤・重曹を大さじ各1」を混ぜ、40度のお湯で溶かします。
この薬剤をシャツの黄ばみ部分にたっぷりと塗ります。
④ ③で薬剤を塗ったら、すぐにスチームアイロンで襟の薬剤を塗った部分にスチームをあてます。
このとき「落ちてる!」と感じることができますよ。
⑥ 今回もいつもの通りに洗濯機を回してください。
%e7%99%bd%e3%81%84%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%84%e3%80%80%e9%bb%84%e3%81%b0%e3%81%bf%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92
 

まとめ

いかがでしたか?
面倒なようですが、慣れてしまえば毎日の洗濯の時の「ちょこっとひと手間」で、いつも真っ白なシャツが手に入りますよ。
ガンコな黄ばみになる前に、毎日の洗濯の前に襟はお湯で洗うと頑固な汚れにはなりません。

「ここがポイント5です」油はお湯だと良く落ちますから。
また、襟の部分にベビーパウダーをはたいておくと、皮脂を吸収しますから黄ばみ予防になりますね。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。