春の選抜高校野球(2018)大阪桐蔭(大阪)対三重(三重)の展開予想と結果速報!

春の選抜高校野球も準決勝まできました。激アツの戦いを制した三重と圧勝の大阪桐蔭の対戦。選抜は初対戦(2004年夏に対戦して敗けている)で、勢いに乗っている三重がもしかると勝ち上がる可能性は十分にある。三重の1番・梶田が塁に出れば何かが起こる。柿木と定本の投げ合いも見所だ。大阪桐蔭三重との展開予想結果速報をお届けします。

関連記事
春の選抜高校野球(2018)の日程表と組み合わせやトーナメント表(pdf)まとめ
関連記事
春の選抜高校野球の歴代優勝校まとめと2018年優勝候補をスポーツ紙の予想と一緒に!
関連記事
春の選抜高校野球(2018)の注目選手や出身中学を調査!出場校の戦力分析もまとめ
関連記事
春の選抜高校野球歴代行進曲一覧と2018年の入場行進曲の歌詞や動画まとめ

Sponsored Links

大阪桐蔭(大阪)対三重(三重)

11日目 準決勝 第2試合 13時30〜
大阪桐蔭(大阪) 三重(三重)
4年連続10度目 4年ぶり13度目
打率 打率
.352 .319
防御率 防御率
0.99 2.92


展開予想

大阪桐蔭が地元の予選大会初戦のようなスコアで大勝した。19-0圧倒的だった。これまスコアは初戦・伊万里(14-2)、3回戦・明秀日立(5-1)、準々決勝・花巻東(19-0)と圧倒的だ。これは組み合わせが良かったと言えなくはない・・。運も実力のうちと言えばそれまでだが、反対側のトーナメントは激戦だけに順当勝ち進んだ場合の、東海大相模戦か智弁和歌山の揚力打線との戦いが見ものだが、まずはこの準決勝の戦い方に注目したい。

三重は26年振りのベスト4進出。ベスト8の星稜戦では追いつ追われつの試合だったが、ミラクル星稜が『奇跡』を起こす前に突き放した。特に先頭打者の梶田が4安打4打点本塁打1本と大当たり。エースの定本を最終回で登板したが温存した形なので、大阪桐蔭戦は柿木とのエース対決も見ものだ。

三重打線のクリーンアップは長打力はないが、コンパクトに振ってくるので、連打が出れば大量得点に繋がるビッグイニングを作る事もできる。

この2年では公式戦で初対決の両校。勿論、大阪桐蔭有利は変わらないが、乱打戦になれば三重の勝ちもありえるだろう。


結果


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 合計 H
三重 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 6
大桐 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 1X 3 7

【投手】
三重 定本
大阪桐蔭 柿木 根尾


【本塁打】
三重
大阪桐蔭 山田(6回ソロ)




春の選抜高校野球(2018)全試合の結果速報と日程表(pdf)まとめ

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。