ロシア旅客機墜落事故の被害状況速報!日本人乗客の安否やテロの可能性ついても調査

ロシアの首都モスクワ郊外でロシア旅客機墜落事故(アントノフAn-148型機)がありました。乗客は71人とのこと。日本人含め71名乗客の安否が気になるところです。また、ロシアの乗客機墜落事故にはいつもテロの噂が流れます。この辺りの情報についても被害状況含めて速報でお届けします

Sponsored Links

 ロシア旅客機アントノフAn-148型機について 

ウクライナのANTK アントーノウが2001年に開発を発表したリージョナルジェット機である。
高翼双発ターボファンエンジンを搭載したジェット旅客機で現在はウクライナとロシアで生産している。約70%をロシア企業が生産している。
*Wikipediaより参照

ちなみに、こちらの写真は初のロシア製のアントノフAn-148型機(2009年モスクワ航空ショーでも写真)
*Wikipediaより参照

客室内部の写真です

 現在の被害状況について 

ドモジェドボ空港発オレンブルグ州オルスク行きの71人乗りロシア旅客機サラトフ航空のアントノフAn-148型機はロシア首都モスクワ郊外の村に墜落した。

タス通信などの速報では生存者なし
ロシア非常事態省からの発表

具体的な情報は今の所入ってきいません
日本人の安否は気になりますが、詳細わかり次第追加させていただきます

しかし、墜落事故速報から1時間も経過していない状況で『生存者なし』と発表するのは異例のことではないか?

先日佐賀県で起きた自衛隊機墜落事故では2名の乗組員の安否情報は1日以上が経過した(1名の安否が確認できなかったため)

正確な情報を出すためだと思うが、今回は71名。あまりにも早い公式発表に動揺する人も多いのではないだろうか?


Sponsored Links

 ロシア機墜落にテロの噂 

過去のテロ疑惑について

最近の航空機事故では、2015年10月のコガリムアビア航空9268便(メトロジェット9268便)墜落事故が記憶に新しいです
乗客全員224名が死亡し、ロシア、エジプト航空史上最悪の事故になりました
ロシアは全員がロシア人と発表しましたが、4人はウクライナ人、1人はベラルーシ人でした


やはりこの時も、様々な憶測が飛び交いました
イスラム国関連組織がロシアのシリア空爆への報復措置として行ったとの見方があった
しかも、イギリスのキャメロン首相(当時)が早々に「テロによる爆発ではないというよりも、テロである可能性が高い」と判断したため、エジプトやロシアがこれに反発し断固と否定していた(当時のアメリカオバマ大統領もテロの可能性に言及していました)
Wikipediaより転用


しかし、2015年11月17日にはロシアのプーチン大統領が、2016年2月にあhエジプトの新大統領がテロについて言及した(プーチン大統領はテロと断定した)

その後の事故調査で内部からの爆発である可能性が高まったのが理由だ

今回の墜落事故は?

結論から言えば、テロの可能性は低いと考えます

やはり、71名の尊い命が失ったことは心が痛い事故ですが、テロを起こす理由には『効果』が薄い
2015年の224名全員が死亡と比較しても人数が少ないです(テロリストの観点です)

そして、このタイミングでロシア航空機を墜落させる理由が見当たりません

余談ですが・・・
疑ったりきりがないですが、ロシアの自作自演説もよく出てきます
つまり、プーチンが自国の航空機を軍隊が墜落させて、『ISのテロだ!』とか『敵国のテロだ!』とするのです

勿論、プーチンは否定します!!

こういった情報は自国には自国の都合で編集された情報しか入ってきません
私たちは常にプロパガンダに影響されているので何が本当で真実なのか?客観的に考える姿勢は必要ですね

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。