高校サッカー選手権大会2018の優勝候補と歴代優勝校まとめ

Sponsored Links

全国高校サッカー選手権大会2018年が開催されます
前年覇者の青森山田が連覇を果たすのか?

今回の対戦トーナメントでは青森山田はダントツの激戦区!
ここで勝ち上がってこその真の絶対王者となる!

本当に先が読めない今大会!

4093校の頂点に最も近い優勝候補は?
歴代優勝校や出場校データなどをまとめてみました

ご覧ください〜

他にもこんな記事が読まれています!
高校サッカー選手権大会2018の注目選手とプロ内定者まとめ
他にもこんな記事が読まれています!
高校サッカー(2018)結果速報!一回戦全試合(12月31日)ハイライトまとめ
他にもこんな記事が読まれています!
高校サッカー(2018)結果速報!二回戦全試合(1月2日)ハイライトまとめ
他にもこんな記事が読まれています!
高校サッカー(2018)結果速報!三回戦全試合(1月3日)ハイライトまとめ
他にもこんな記事が読まれています!
高校サッカー2018得点王ランキング速報と歴代得点王(動画あり)とその後の進路まとめ
他にもこんな記事が読まれています!
高校サッカー裏選手権2018の優勝候補と注目選手と優勝校の結果速報!

 全国高校サッカー選手権大会2018年優勝候補8選 

優勝候補本命は青森山田、流経大柏、東福岡の3校!


①青森山田

前年覇者。
2冠(プレミアリーグと選手権)達成したチームと比べても遜色ない

プロ入りが内定している中村(山形内定)と郷家(神戸内定)の他にも
掘、田中、檀崎と中盤にタレントを揃えており万全の布陣

郷家が
『昨年より弱くなったと言われたくない』
と語り気迫も伝わってくる

優勝チームは必ず自らと比較される宿命にあるが
その境遇がチームをさらに強くするのだろう

また、今年はインターハイで前橋育英に3回戦で負けている
この敗戦経験がメンバーのメンタリティを上げおり一切のスキを作らない

関連記事→青森山田の対戦カードと日程
関連記事→青森山田メンバーの出身中(チーム)と注目選手まとめ

②流経大柏

今年のインターハイ王者
千葉予選決勝ではプロ内定選手3人を揃えた市立船橋を破っての出場
CB関川、MF熊澤の2年生コンビを中心に3年生が脇をしっかり固める布陣は盤石
関連記事→流経大柏の対戦カードと日程

③東福岡

U-18代表の2枚看板、CB阿部とMF福田湧矢はプロ内定選手
インターハイで青森山田に敗戦しているので借りを返したい
伝統のサイドアタック炸裂を期待したい

関連記事→東福岡の対戦カードと日程

対抗は前橋育英、長崎総科大付属、大阪桐蔭

④前橋育英

渡邊、松田、飯島など7人の3年生が昨年の準優勝を経験しているのはデカイ
攻守ともにスキがなく安定感は出場校随一

順当に行った場合、東福岡との対戦が一つの山場になるのは間違いない

関連記事→前橋育英の対戦カードと日程

⑤長崎総科大付属

高校NO.1ストライカーと呼ばれるU-20代表のFW安藤と荒木が強力
前年選手権は18強、今年のインターハイでは8強と着実に強くなっている
監督は名小嶺さん(元国見監督)で過去には国見高校時代に選手権過去最多タイの6度の優勝経験がある名将
U-20代表の安藤や、プリンスリーグで大活躍したFW荒木が鍵を握る
関連記事→長崎総科大付属の対戦カードと日程

⑥大阪桐蔭

西矢と北田のダブルボランチを中心とした流れるボール回しからのアタックと
激戦を勝ち抜いた全員で行うハードワークに徹する粘りの守備が噛み合えば優勝も現実的だ

京都橘と準々決勝が予想されるがここを勝てば東福岡か前橋育英と対戦となる
優勝するにはハードな対戦が続くが総力戦が求められる

Sponsored Links

関連記事→大阪桐蔭の対戦カードと日程



穴場は富山一、神村学園

⑦富山一

坪井と大竹の超強力ツートップのチーム
特に坪井は地区予選で17ゴール、プリンスリーグでも24ゴールで得点王になっており
破壊力は大会屈指

しかし、優勝するには順当にいけば東福岡や前橋育英に勝たないと上がれない
相性の良し悪しもあるが番狂わせは大いにある

関連記事→富山一の対戦カードと日程

⑧神村学園

U-18代表のレフティ高橋を柱に多彩な攻撃が自慢で
CBの野見山と驚異のPKストッパー冨吉の安定感もあり充分に上位を狙える好チーム
Bブロックは粒ぞろいのチームが揃っているが昌平(埼玉)に勝つことができるかがポイントになってくるだろう
関連記事→神村学園の対戦カードと日程

【追記】ゲキサカ注目選手紹介動画



 歴代優勝校まとめ 

都道府県別

  
最多優勝回数(準優勝) 今回出場校
兵庫19(9) 滝川第二
埼玉13(2) 昌平
静岡10(10) 清水桜ヶ丘
広島9(6) 広島皆実
千葉8(2) 流通経済大柏
長崎7(3) 長崎総科大付属
東京6(5) 実践学園、関東第一
大阪5(9) 大阪桐蔭

 *愛知、神奈川、群馬、北海道、岡山は優勝経験なし
*意外な数値・・山梨1(5) 山梨学院は準優勝5回!
           
 

最多優勝回数 (出場校中)

                                       
3回 東福岡
2回秋田商
1回流通経済大柏、山梨学院、滝川第二、星稜、青森山田、広島皆実、富山第一
 

直近3年間での優勝、準優勝

                                                                           
 年度 優勝 準優勝
2014年 星稜(石川)前橋育英(群馬)
2015年 東福岡(福岡)國學院久我山(東京)
2016年 青森山田(青森)前橋育英(群馬)

以上
高校サッカー選手権大会2018の優勝候補と歴代優勝校まとめでした〜
関連記事→高校サッカー選手権大会注目選手とプロ内定選手
関連記事→高校サッカー選手権大会2018日程や会場と対戦カードの注目選手まとめ

振〜り向くなよ
振り向くなよ〜
気には〜美しぃ〜
戦いに敗れても〜
君は〜美しぃ〜♫

このBGMとともに、サッカーに明け暮れていた時期が懐かしいです




Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。