黒田剛監督(青森山田)の経歴や出身地は?息子や娘との感動エピソードや名言まとめ

高校サッカー

黒田剛監督(青森山田)は高校サッカー界の名将と言われており書籍の出版までされています。そんな彼の経歴や出身地を調べて見ました。
そして、息子や娘は何をされているのか?子供たちとの感動のエピソードとは!?熱い黒田監督なのでドラマティックな展開が期待できそうですね

[su_label type=”info”]他にもこんな記事が読まれています![/su_label]
高校サッカー選手権大会2018の優勝候補と歴代優勝校まとめ
[su_label type=”info”]他にもこんな記事が読まれています![/su_label]
高校サッカー選手権大会2018の注目選手とプロ内定者まとめ
[su_label type=”info”]他にもこんな記事が読まれています![/su_label]
高校サッカー(2018)結果速報!一回戦全試合(12月31日)ハイライトまとめ
[su_label type=”info”]他にもこんな記事が読まれています![/su_label]
高校サッカー(2018)結果速報!二回戦全試合(1月2日)ハイライトまとめ
[su_label type=”info”]他にもこんな記事が読まれています![/su_label]
高校サッカー(2018)結果速報!三回戦全試合(1月3日)ハイライトまとめ
[su_label type=”info”]他にもこんな記事が読まれています![/su_label]
高校サッカー2018得点王ランキング速報と歴代得点王(動画あり)とその後の進路まとめ
[su_label type=”info”]他にもこんな記事が読まれています![/su_label]
高校サッカー裏選手権2018の優勝候補と注目選手と優勝校の結果速報!

[su_highlight background=”#1692e1″ color=”#fefefe”]黒田剛監督(青森山田)の経歴や出身地まとめ[/su_highlight]

[su_table]

 

経歴

               

生年月日 1970年5月26日
出身地 北海道
高校 登別大谷高等学校
大学 大阪体育大学

[/su_table]

北海道生まれで高校卒業まで住んでいたのですね!
そして、大学で大阪へ
まぁ〜カルチャーショックでしょうな。ボケとツッコミの文化は慣れるまで大変です

[su_table]

職業経歴

  

1994年 青森山田高校コーチ
1995年 青森山田高校監督
2006年 公認S級コーチライセンス認定

[/su_table]

大学卒業後にホテル勤務の時代があります。
年表から2〜3年程度でしょうか

[su_table]

主な実績

                       

1995年 全国高校選手権出場
1997年 全国高校選手権出場 *ここから2017年まで21年連続出場
2000年 高校総体と高校選手権でベスト4
2003年 プリンスリーグ東北で初優勝*ここから2010年まで8年連続優勝
2005年 高校総体優勝
2009年 高校総体と高校選手権でベスト4
2011年 高円宮杯U-18プレミアリーグ参戦 毎年2017年まで残留
2016年 高円宮杯U-18チャンピオンシップ獲得、高校選手権優勝

[/su_table]
まさしく名監督
圧倒的な実績を挙げておられます
全国から監督の指導を求めて生徒が押し寄せているのも納得です
ちなみに2017年度のサッカー部員数は163名で、県外出身者はベンチ入り30名中27名

メジャーリーグ状態!!

[su_highlight background=”#1692e1″ color=”#fefefe”]黒田剛監督の息子と娘との感動エピソード秘話[/su_highlight]

黒田剛監督のご家族情報は一般人なので詳細は不明な部分が多いです
しかし、ご結婚されており今でも円満に過ごされているとのことです。

娘さんは過去のサッカー中継時に確認されており
おそらく高校生くらいの年代だそうです

お父さんの影響でサッカーをやられてなでしこジャパンに!
・・・とそこまでは行かなかったようですねww

さて、息子さんは黒田凱(がい)という名前で、同じ青森山田でサッカー部に所属していました
親が子供に指導する。そういう関係で3年間過ごされていました

息子さんは父の指導の元で優勝することを選び青森山田に進学したのです。
周囲は『監督の息子』という色眼鏡でみる、それを覚悟の上での選択でした。

『何をしても言われる。それならゴールを決めることだけを考えよう』

そうやってチームからの信頼を積み重ねてトップチームの座を勝ち取った
しかし、3年の夏(2016年)に大怪我から戦線離脱・・
そこからはチームを裏で支えるマネージャーとして関わるようになりました

『小さいときから青森山田を見てきて、ここにいる誰よりも選手権で父さんを優勝監督にしたいという想いは強かった』

そして、迎えた選手権大会決勝。
見事初優勝!!
22年越しの夢が叶った瞬間でした

お互いに涙を決して見せずに戦ってきたが
最後に親子でハグした瞬間・・・涙が出た

「今までありがとう。選手としてピッチに立てなくてごめん……」とつぶやいた。
涙する息子の肩を優しく抱いた父も頬を濡らしながら
「サポートとか本当にありがとう。大学に行ってからも、しっかり頑張ってくれ」と言葉を送った。


凱君はその後、父と同じ大体大に進学し全国で戦った戦友とともに高みを目指して練習に励んでいます

『自分も大阪体育大でプロサッカー選手を目指すことはもちろんですが、教員免許やサッカーの指導論を学んで、指導者として立ちたいなとも思っています』

近い将来、今度は指導者として『親子対決』実現するかもしれません

[su_highlight background=”#1692e1″ color=”#fefefe”]黒田剛監督の名言まとめ[/su_highlight]

『やりたいことばかりやらせることは簡単です。でも、一番難しいのがやりたくないことをやらせること』

『勝ちきれない、勝ち点を取りきれないのは、それは完全な弱さ』

『相手と同じ武器では勝負しない。でも、相手と同じ武器でも拮抗(きっこう)したい。そう思いながら、雑草でもエリートに勝てることを証明しようと頑張ってきました。』

最後のロッカールーム

名将は教育者としても一流やなぁ〜〜

コメント