高校サッカー(2018)結果速報!一回戦(清水桜が丘対高川学園)ハイライトまとめ

サッカー

高校サッカー選手権大会2018年の開幕戦が30日により開催されました。佐賀東が関東一をスーパーゴールで見事に下し勝利しました。本日より1回戦が一気に開催されます!長崎総科大附や昌平、東福岡など注目校が顔を揃え熱戦が繰り広げられます。プロ内定選手の活躍も見所ですよね!

他にもこんな記事が読まれています!
高校サッカー選手権大会2018の優勝候補と歴代優勝校まとめ
他にもこんな記事が読まれています!
高校サッカー選手権大会2018の注目選手とプロ内定者まとめ
他にもこんな記事が読まれています!
高校サッカー2018開幕戦の結果速報!12月30日の全試合ハイライトまとめ
他にもこんな記事が読まれています!
高校サッカー(2018)結果速報!一回戦全試合(12月31日)ハイライトまとめ

Sponsored Links

 清水桜が丘対高川学園の見所 

清水桜が丘は全国優勝12回の名門清水商が、庵原と統合して開校された高校。統合後初の全国大会。監督は知る人ぞ知る名将大瀧監督。日本一に12回導いている。守備の要山田を中心に粘りのをどこまで見せる事ができるのかがポイント。

高川学園は県内3冠と2年連続の選手権出場。FW土信田の決定力で少ないチャンスをものにできるか?

<日時> 2017.12.31 12:05 <会場> フクダ電子アリーナ 
                                                            
                                                                     
高校
前半
後半
合計
PK
清水桜が丘(静岡)
0
1
1
3
高川学園(山口)
0
1
1
5
得点経過
後半35分 高川学園 FW山本
後半38分 清水桜ヶ丘 FW松下

総評
まさかの展開でしたね・・清水桜ヶ丘が初戦敗退!
これは一回戦ではサプライズの一つではないでしょうか?

サッカー王国で元日本代表のMF名波や小野伸二を育ててきた『清商』の流れをくむ清水桜ヶ丘となっての初めての全国大会
名将大瀧監督も『肩の荷がお重いからうまく行かない』と言うように悪い流れが的中した形になった

何よりも大きなアクシデントはエースのFW白井の大会前の負傷、左肘の脱臼だった。全治2ヶ月の診断の状態で望んだ大会だった。
『大会前の2〜3週間は怪我のリカバリーに多くの時間を費やした』と言うようにチームの勢いを本番で発揮することができなかった。一発勝負の選手権大会はこれも実力の内と言うことだろう

下馬評では清水桜ヶ丘が優位に進めると予想されたが、開始すれば高川学園に前半35分に先制点を許す苦しい展開
よかったのはすぐさま38分に追いつき同点とした事だけ・・

後半3分に清水桜ヶ丘は白井を投入し流れを変えようとしたが、結局PK戦までもつれ込み、3−5で初戦敗戦となった
勝負を決める4人目のターンで清水桜ヶ丘白井が外して決まると言うあまりにも酷な幕切れとなった
『エースが怪我してエースがPKを外す。うちにとってはベストゲームだった』大瀧監督は最後にこう述べた
外した白井も『形的には普通に入ったけど、どっちに蹴るか迷ってしまった。自分から逃げてしまった気持ちが、蹴った瞬間に球に乗ってしまったのかなと思う』とコメントしており、怪我で気持ちが弱気になっていたりチームに対しても負い目を感じていたのが現れたかもしれない

来年はこれを糧に一回り大きくなって選手権大会に帰ってきてほしいいものです

高川学園の次の相手はこれまた優勝候補の長崎総科大附!
清水桜ヶ丘の名将を破ったので、次戦でも名将破りを期待したい

プロ内定の今大会屈指のストライカー安藤をどこまで止める事ができるのか?
安藤は初戦から得点を決めているので二回戦以降はエンジンがかかってくるでしょう
序盤はしっかり守ってから後半勝負したい


コメント