高校サッカー(2018)結果速報!一回戦(星稜対松山工)ハイライトまとめ

高校サッカー

高校サッカー選手権大会2018年の開幕戦が30日により開催されました。佐賀東が関東一をスーパーゴールで見事に下し勝利しました。本日より1回戦が一気に開催されます!長崎総科大附や昌平、東福岡など注目校が顔を揃え熱戦が繰り広げられます。プロ内定選手の活躍も見所ですよね!

[su_label type=”info”]他にもこんな記事が読まれています![/su_label]
高校サッカー選手権大会2018の優勝候補と歴代優勝校まとめ
[su_label type=”info”]他にもこんな記事が読まれています![/su_label]
高校サッカー選手権大会2018の注目選手とプロ内定者まとめ
[su_label type=”info”]他にもこんな記事が読まれています![/su_label]
高校サッカー2018開幕戦の結果速報!12月30日の全試合ハイライトまとめ
[su_label type=”info”]他にもこんな記事が読まれています![/su_label]
高校サッカー(2018)結果速報!一回戦全試合(12月31日)ハイライトまとめ
[ad#co-1]

[su_highlight background=”#0f7cca” color=”#fefefe”]星稜対松山工の見所[/su_highlight]

[su_table]

<日時> 2017.12.31 14:10 <会場> ゼットエーオリプリスタジアム
                   

                   

                

                 

高校
前半
後半
合計
星稜(石川)
0
1
1
松山工(愛媛)
0
0
0

[/su_table][su_label type=”info”]得点経過[/su_label]
後半12分 星稜 FW西部
[su_label type=”info”]総評[/su_label]
どのチームも初戦は硬さが見られるもの。
高校サッカー選手権大会となれば尋常ではない。『オリンピックに魔物が住む』と言われるのと同じ感覚ではないかと思う
つまり、この硬さをいかに早く解して、自分たちのサッカーができるのか?これも勝敗を決するポイントになるのは間違い無いでしょう
開幕戦で負けた関東一の選手は緊張して自分たちのペースが掴めなかったと言っていたのが印象的だった

さて、星稜はどうだったか?
河崎護監督(58)は「緊張していましたね。硬かった。初出場のような雰囲気かと思った。前半はミスが多かった。小学生が起こすようなミスを起こす。落ち着いてくれと祈るだけでした」とコメントしている

しかし、準備力が違った。
河崎護監督は選手への指示で、戦術面は後回し。「頑張れ」「走れ」「詰めろ」「声出せ」-。「内容は二の次、三の次、四の次。内容はなし。勝つことだけを目標にしていた。勝たせるのには、守備かなと思っていた」と選手のマインドまでも織り込んでいた
ちなみに河崎護監督の教え子には本田圭佑がいる!

その方法論がバチっと的中した
前半相手FK絵はGK新保が2度も神セーブを見せて失点ゼロを根気よく続けた。
そこから後半12分MF西部のゴールを引き出したと言っても良いだろう

この価値は点差以上に大きかったのでは無いだろうか?
二回戦では自分たちのペースで試合運びができれば予想を裏切る事が起きるかもしれないww

二回戦は快勝して波に乗る明秀日立との対戦!

コメント