高校サッカー(2018)結果速報!一回戦(帝京大可児対徳島北)ハイライトまとめ

サッカー

高校サッカー選手権大会2018年の開幕戦が30日により開催されました。佐賀東が関東一をスーパーゴールで見事に下し勝利しました。本日より1回戦が一気に開催されます!長崎総科大附や昌平、東福岡など注目校が顔を揃え熱戦が繰り広げられます。プロ内定選手の活躍も見所ですよね!

他にもこんな記事が読まれています!
高校サッカー選手権大会2018の優勝候補と歴代優勝校まとめ
他にもこんな記事が読まれています!
高校サッカー選手権大会2018の注目選手とプロ内定者まとめ
他にもこんな記事が読まれています!
高校サッカー2018開幕戦の結果速報!12月30日の全試合ハイライトまとめ
他にもこんな記事が読まれています!
高校サッカー(2018)結果速報!一回戦全試合(12月31日)ハイライトまとめ

Sponsored Links

 帝京大可児対徳島北の見所 

帝京大可児は5年ぶり5回目の出場となる。チームカラーはパスサッカーだが、インターハイで京都橘に敗戦した際に『攻撃の選手も一切サボらずに守備をしていた』と敗戦から学び、ここからチームの意識を変えなければ全国で勝てないと覚悟を決めた

そこから、前線から守備の意識を高めてピッチを広く使えるようになり守りから攻撃への切り替えも早くなり攻撃の幅が劇的に広がった。
予選では去年決勝で破れた各務原にリベンジを果たし、今大会での目標はベスト8と気合十分!

徳島北は初出場のチームで堅守が売り。佐藤監督はG大阪でプレーした経験を持つ就任10年目。
今年のインターハイでは徳島市立に決勝で敗戦したが選手権ではリベンジして初出場を勝ち取った
GK儀宝やCB中道などで守備を固めて、少ないチャンスをFW久米川が決める展開に持って行きたい

<日時> 2017.12.31 14:10 <会場> 駒沢陸上競技場
                                                                          
高校
前半
後半
合計
帝京大可児(岐阜)
1
3
徳島北(徳島)
0
0
0
得点経過
前半17分 帝京大可児 MF坂梨
後半24分 帝京大可児 FW久保
後半27分 帝京大可児 FW大森
総評
勝負のポイントは前半17分に坂梨が先制したことかもしれない
選手権の初戦はやはり硬くなりがちでどちらが主導権を握るのか?が大きな鍵を握る
そんな中での坂梨の得点だったので点差以上に大きかったと思う

実際に帝京大可児の堀部監督も『前半0−0だったら慌てていたかも』とコメントしている

徳島北は先制点を奪われてからずっと劣勢が続き、後半30分頃まで粘りを見せたが立て続けに後半36分、39分に得点を許し万事休す
得意のセットプレーから相手ゴールを脅かしたが勝利につながる結果が出せなかった。

やはり全国の壁は高く、初出場初勝利はお預けとなった

コメント