高校サッカー(2018)結果速報!一回戦(北陸対日章学園)ハイライトまとめ

サッカー

高校サッカー選手権大会2018年の開幕戦が30日により開催されました。佐賀東が関東一をスーパーゴールで見事に下し勝利しました。本日より1回戦が一気に開催されます!長崎総科大附や昌平、東福岡など注目校が顔を揃え熱戦が繰り広げられます。プロ内定選手の活躍も見所ですよね!


他にもこんな記事が読まれています!
高校サッカー選手権大会2018の優勝候補と歴代優勝校まとめ
他にもこんな記事が読まれています!
高校サッカー選手権大会2018の注目選手とプロ内定者まとめ
他にもこんな記事が読まれています!
高校サッカー2018開幕戦の結果速報!12月30日の全試合ハイライトまとめ
他にもこんな記事が読まれています!
高校サッカー2018結果速報!一回戦全試合(12月31日)ハイライトまとめ

Sponsored Links

 北陸対日章学園の見所 

北陸は妹尾と(160センチ)小幡(182センチ)の凸凹コンビが面白い、イケメンボランチの坂東がチームをコントロールし全国初勝利をあげたい

日章学園は何と言っても爆発的な攻撃力、県予選では5試合で30得点をあげた。その中核はJ3北九州内定の佐藤颯汰と左サイドの河原と個人技が高い恩塚をキャプテンボランチの佐藤(ダブル佐藤の一角)の統率が鍵を握る

<日時> 2017.12.31 12:05 <会場> 味の素フィールド西が丘
                                                                          
高校
前半
後半
合計
北陸(福井)
1
0
1
日章学園(宮崎)
2
1
3
得点経過
前半11分 日章学園FW佐藤颯汰
前半21分 日章学園FW佐藤颯汰
前半23分 北陸DF杉村
前半40分 日章学園FW鈴木

日章学園先制点!ハーフボレー打ち損ない!?


総評
この対戦カードも順当と言えるのではないか?
プロ内定の日章学園佐藤(北九州内定)が2得点ときっちりち決めるべき人間が決めた結果となった
この試合でがフォーメーションを4-2-3-1と変則的にして、試合中も流動的に変えていく戦いかたを展開した
県大会でも30得点と破壊力抜群のチームなだけに攻撃は多彩だった

先制点は右サイドの深い位置からDF阿部が鋭くクロスを上げ、ゴール前のエース佐藤颯汰が右足ハーフボレーで豪快に決めた!
2得点めも佐藤颯汰が奪ったボールからドリブルで持ち込み、ゴール右隅に豪快シュート
ここまでで勝負あったかに見えたが、北陸も直後セットプレーより杉村の強烈なヘッドで1点を返し、前半は2−1で勝負の行方はわからない展開になった

日章学園は監督は前半35分に動く
MF河野に代えてなんと、1年生の鈴木を投入!
フォーメーションも4-4-2へ変更し鈴木と佐藤颯汰の2トップに!
ここは日章学園の多彩さが出た場面でしたね〜

後半はお互い力が拮抗し、どっちも譲らない展開へ
しかし、動いたのは後半22分

日章学園は二人目の交代カードを切った
そして、杉村と交代で入った木津で2トップを形成し、エースの佐藤颯汰が右サイドハーフへ

ここからは怒涛の日章学園のミドルからのシュートラッシュ!!
そして、後半40分にMF佐藤詩の絶妙のスルーパスから鈴木が押し込み駄目押しとなった
これで二回戦進出を決定的とした

大会初勝利に喜べない内容だった。監督も『イージーミスが多い』と気を引き締める
県予選でも失点が多い試合があったので、ここを修正できれば上位に食い込む力はある

北陸は大会初勝利は成せなかったが、初得点をあげることができて『嬉しかった』と監督も素直に喜んだ

日章学園は二回戦で同じ九州勢の佐賀東と対戦する









コメント