高校サッカー(2018)結果速報!一回戦(仙台育英対高松商)ハイライトまとめ

高校サッカー

高校サッカー選手権大会2018年の開幕戦が30日により開催されました。佐賀東が関東一をスーパーゴールで見事に下し勝利しました。本日より1回戦が一気に開催されます!長崎総科大附や昌平、東福岡など注目校が顔を揃え熱戦が繰り広げられます。プロ内定選手の活躍も見所ですよね!

[su_label type=”info”]他にもこんな記事が読まれています![/su_label]
高校サッカー選手権大会2018の優勝候補と歴代優勝校まとめ
[su_label type=”info”]他にもこんな記事が読まれています![/su_label]
高校サッカー選手権大会2018の注目選手とプロ内定者まとめ
[su_label type=”info”]他にもこんな記事が読まれています![/su_label]
高校サッカー2018開幕戦の結果速報!12月30日の全試合ハイライトまとめ
[su_label type=”info”]他にもこんな記事が読まれています![/su_label]
高校サッカー(2018)結果速報!一回戦全試合(12月31日)ハイライトまとめ
[ad#co-1]

[su_highlight background=”#0f7cca” color=”#fefefe”]仙台育英対高松商の見所[/su_highlight]

仙台育英はインターハイでは2年連続出場しているが、選手権は5年ぶり。
佐藤一輝と仲澤の高さを生かした攻撃も魅力だが、夏以降は角田、中川のツートップに形を変え、千葉と佐藤のスピードあるサイドアタックで攻撃するスタイルが売りになった。
全員守備、全員攻撃をモットーに全国優勝を狙う!

高松商は実は古豪で2年連続23回目の出場
最後まで諦めない粘りのある泥臭いサッカーをするチームで今期より川原監督のもと守備力を上げてきた。
ボランチの伊賀や河辺と高橋のCBコンビを中心に堅守を実現してきた。
そして、県予選ではPK戦を2度制しており、GKの力もあるが『運』を引き寄せるチームと言える
番狂わせを起こさせる、そんな期待を抱かせるチーム
MF末久を中心に、FWの堀内で点を取る。そんなシンプルな展開ができれば勝機はある

[su_table]

<日時> 2017.12.31 14:10 <会場> ニッパツ三ツ沢球技場
                   

                   

                

                 

高校
前半
後半
合計
仙台育英(宮城)
2
1
3
高松商(香川)
0
2
2

[/su_table][su_label type=”info”]得点経過[/su_label]
前半5分 仙台育英 FW佐藤一輝
前半40分 仙台育英 FW佐藤一輝
後半11分 高松商 MF中野
後半18分 高松商 MF横内
前半40分 仙台育英 FW佐藤一輝

[su_label type=”info”]総評[/su_label]
『狙っていた』とさらりと言ってのけた
今大会ハットトリック第一号は仙台育英の佐藤だった
しかも、2対2の同点からの劇的なロスタイム決勝ゴールだ!

佐藤は大学進学が決定しているがその先はプロ志望
なので、今大会でいかに注目を集める事ができるかを常に意識している
177センチから繰り出す打点の高いヘッドは持ち味だがそレデ決めたのも大きな自信となっただろう

仙台育英監督城福も『PK戦は覚悟した』と言っていたが、選手自ら時間内に勝負を決める働きをした
佐藤の気持ちの勝負に対する強さがハットトリックを産んだ形になった

高松商は前半で2点差とされながらの後半中盤までに同点位追いつくという驚異の粘りを見せたが
終始優位に試合を進めた仙台育英の質の高いボールに最後は力尽きた

仙台育英の二回戦は一回戦で逆転で初戦突破した米子北と対戦する
ともに勢いに乗るチーム同士の好カード!

コメント