飲食業コラム~おもてなし~

おもてなし

おもてなしの語源や意味は正確には知らない(調べてください!)

しかし、飲食業、サービス業、接客などにおいて
今や当たり前の言葉ではないでしょうか?(いや全ての仕事)

ホスピタリティ
思いやり
気遣い

これらはニュアンスは違えど
『お客様に喜んでいでもらう』
ために必要な心構えでしょう。

また、この心構えは
お客様に対してだけ必要なのではなく、
共に働くスタッフや業者様、
バックで支えてくださる間接部門のスタッフ、
店舗の周辺住民など関わる全ての方々に対して
持たなければならないマインドです。

仏作って魂入れず(言葉あってますか??)

と言われますが
色々な店舗、会社、行政で作業的なサービスが目に付きます。

作業=仏
サービス=魂

と置き換えてみて下さい。

つまり、作業的なサービスは『おもてなし』と言わない。
*そもそもサービスは奴隷という意味から来ていて、今はホスピタリティ・・
  うんぬんのややこしい事は置いといてっ!

こういう人達はいずれ、ロボットに仕事を奪われ
賃金の安い国の人達から仕事を奪われるだろう。
間違いない( 長井秀和は元気ですか?)

誰でも出来る=すぐに追いつかれる、真似される、代わりが何人もいる

そもそも、そんな仕事のやり方(心の在り方)では
自分の成長は感じ得ないでしょう。

お客様、スタッフの喜びを自分の喜びと出来ない人は
目先のスキルを身に付けると
一見『仕事が出来ている風』
ではありますが、先が見えています。

『飽きて辞める・・』
 (成長の喜びを知る機会に恵まれる前に)

こうなります^^

よく、接客業は『一期一会』と言います。

同じお客様でも『同じその一瞬』などないのです。

だからこそ、ワクワクしながら
お客様と接する。

人間は心が揺れ動く時こそ成長を感じるのですから。

おもてなしの心

人間らしい仕事をする一つのポイントです。

コメント