西郷どん(せごどん)第14話ネタバレと感想と視聴率を調査!

テレビネタ

西郷どん(せごどん)第14話ネタバレ感想視聴率について独自のコメントを交えてご紹介させていただきます!
他にもこんな記事が読まれています!
西郷どん(せごどん)全話ネタバレと感想と視聴率まとめ
他にもこんな記事が読まれています!
西郷どん(せごどん)の登場人物やキャスト一覧と相関図まとめ
他にもこんな記事が読まれています!
鹿児島弁(NHK大河西郷どん)のセリフの意味やタイトルの薩摩言葉を翻訳してみた!
他にもこんな記事が読まれています!
西郷どん(せごどん)のオープニングのロケ地の滝は鹿児島のどこ?和太鼓の団体も調査


Sponsored Links

西郷どん(せごどん)第14話ネタバレと感想


第13話では、薩摩に帰った吉之助と正助は、その友情にすれ違いや捻じれが生じましたが。正助の妻たちの言葉でより一層強いきずなとなり、二人が薩摩を旅立つところまででした。

今回の西郷どんは、時期将軍擁立に向けての「慶喜の本気」がメインテーマです!

西郷どん(せごどん)第14話『慶喜の本気』あらすじネタバレ

アメリカとの謁見

安政4(1857)年10月21日アメリカ総領事タウンゼント・ハリスは、徳川将軍・家定(又吉直樹)と謁見を果たしました。

「遠方よりの主観をうれしく思う。幾久しく有効を大統領へ申し述べるべし」
家定は将軍らしく言うのでした。これは、篤姫と何度も何度も練習した成果です。
上機嫌の家定は大奥に渡り、繰り返し口上お聞かせ
「御台が笑うと、余もうれしく思う。御台とも幾久しく友好を保ちたいものだ」
そんな家定に対して篤暇は、心の優しい温かい人柄を感じ、心惹かれるようになっていくのでした。

吉之助と佐内

吉之助は熊本で正助と別れ、12月8日江戸に到着します。
そして、島津斉彬(渡辺謙)から託された、松平慶永(津田寛治)への書状を越前藩邸へ届どけるのでした。
その書状には、「西郷を存分に使って結構」という内容が含まれているのでしたが、阿部(藤木直人)が亡くなってしまった現状では、慶喜を将軍にするというのはかなり困難だと慶永は感じています。
阿部の後に老中首座についたのは堀田正義ですが、この人物は何とも頼りなく見えたのです。

その頃斉昭の悪評が幕閣内で広まり始めていたのです。
「恐らく紀州の慶福様を後継にと推す彦根藩の井伊様が噂を流し、ご自分の見方を増やしているのです」
そう佐内は吉之助に話すのでした。

「西郷、橋本と力を合わせ、一橋様擁立に向け、諸藩の大名を説いて欲しい!」と慶永は言明します。これは、少しでも多くの大名たちを味方につけるようにということで、吉之助と橋本左内(風間俊介)は新たに動き出すのでした。
二人はまず慶喜の説得へと動き出すのでしたが・・・

吉之助誘拐!

慶喜は、相変わらず遊興三昧の日々です。
吉之助と佐内は磯田屋で会っていました。
「こいは立派な書じゃ!佐内どん、よくここまで調べもしたな」
この書とは「橋公行状記」で慶喜がいかに英邁な人物かをまとめたものです。

ところがいきなり襖を開けて入ってきた慶喜は、それを破り捨て火鉢に放り込んでしまいます。
『俺は死んでも将軍などならん!』きっぱりと断りその場から去ってしまうのでした。
折角の書状が黒焦げとなりがっかりする吉之助に、にっこりとして懐から写しを佐内は出すのでした。


佐内と磯田屋で別れた後、吉之助は何者かに拉致されるのでした。
そして連れていかれたのは「彦根藩邸」
井伊自ら茶をたて
「西郷、お前なら薩摩守殿の動向は知っておろう」
と斉彬を裏切り内通者となるよう迫ります。

そして薩摩の家族のことも調べ上げるという手口に、吉之助は憤慨し
『こげんな腐った連中に守られちょ将軍家も、危なかでごわんどな。失礼いたしもす』


Sponsored Links

篤姫の苦悩

その頃、島津斉彬は幕府に「建白書」を提出しました。
外国との条約をは言いなりではなく、対等に渡り合わねばならないこと。
そして、その交渉をできる将軍は慶喜こそがふさわしいと。

幕府は一橋派:斉昭・慶永と、紀州派:井伊の激論が続きます。
しかし大奥においても本寿院の怒りを買うこととなったのです。
特に家定に嫁いだ篤姫は斉彬の養女でしたから、そのあたりは厳しく、上様のお渡りまで阻んでしまいます。

ところが
『会いに参った。御台は息災か』突然の家定の訪問です。
篤姫は、斉彬からの密命である「一橋慶喜を時期将軍に」という役割も果たせないままでした。
『上様、幾久しい友好のためにお願いしたき儀がございます』
意を決した篤姫は「慶喜なら国を守り、皆が無病息災で安心して暮らせる国を作ることができる」と言葉をかけます。

家定にとって、この篤姫の言葉が心を動かすのでした。
『一橋にする。余の次は一橋じゃ』
一気に慶喜の将軍継承へとことが動いたのでした。

慶喜の本気

変わらず遊興三昧の慶喜は、必死の吉之助と佐内の話には一向に耳を貸そうとしませんでした。
吉之助と佐内は磯田屋で行状記の写しを作成していると
『人殺しー!助けてくれー!!』
急いで飛び出す吉之助と佐内が目にしたのは
刺客に襲われる慶喜です!
慶喜も相当な腕前ではありますが相手はその上をいく手練れです。
『西郷、助けてくれ!』
無我夢中で刺客の腹に・・・
その男とは以前見かけた彦根の者でした。

初めて人を殺めてしまった吉之助は、震えが止まりません。
『あん男の命と、一橋様の命は同じじゃ。じゃっどん、あなたは国を変え多くの民を救える。そいでも、まだ逃げるち言わっしゃるとじゃったら・・・あん男も浮かばれもはん」
この言葉に慶喜は決心したようです。

慶喜はその足で井伊の藩邸へ急行した。

『そっちが追っ手を差し向けてきたからには、よっぽど俺に用があると思い来てやった!』
と慶喜は啖呵を切ったのですが
それに対して井伊は「慶福に将軍を譲れば慶喜には紀州55万石を献上する」と交渉してきたのです。
『つけあがるな!!徳川はお前のものではない!この大バカ野郎!』

そして
『分かったよ、俺が将軍になるさ、。なるしかしょうがねえじゃないか』
この慶喜の宣言に、吉之助と佐内は喜び浸りを連れて慶喜は去っていくのでした。


西郷どん(せごどん)第14話感想と視聴率

第14話「慶喜の本気」感想


何ともはや慶喜さんの豪遊ぶりは、いやはやの一言ですがそこには彼なりの政治に対する諦めモードがあったのでしょうか?実際の江戸時代にそんなに勝手気ままな行動はできなかったとは思いますが、この豊楽ぶりは松田翔太さんははまり役ですね。

そして気になったのが「吉之助の表情」です。何だか少年から青年そして大人に変貌して見えたんですが?斉彬の元を離れ、自分の意志と足で進む西郷吉之助が、また一歩成長したようです。

原作との違い

実際に慶喜暗殺計画があったかどうかは原作には出てこない。しかし斉彬たちが時期将軍として慶喜を立てようと動いていることは確かです。

ドラマでは家定と篤姫との間には何もないように書かれていますが、原作では懐妊の可能性があると幾島の言葉で書かれています。実際には解任することはありませんでしたが。

原作には、写真の話題が良く出てきます。斉彬たちの写真はあるのですが西郷の写真は一枚も残っていません。西郷は写真嫌いで魂が吸い取られるといったとか言わないとかで、生涯写真は撮らせませんでした。よって
あの有名な肖像画は、上半分は西郷従道(西郷の弟)下半分は大山巌(いとこ)の顔をモデルに作り上げられたものです。


第14話視聴率

11.9%と過去最低の視聴率を更新しました

やはり、特番の影響か!?
製作者側の狙いが見事に裏目に出ましたね・・・



Sponsored Links

コメント