西郷どん(せごどん)第10話あらすじ予想

saidoudon-arasuji-yosou-12 テレビネタ

西郷どん(せごどん)第10話あらすじについて、原作を元に予想してみました!回を重ねるごとに話題性も上がってきており益々楽しみなドラマですよね。それではドラマ放映前にご覧いただき原作とは違う視点を持ってからご覧になるのもおすすめです!

第9話では、薩摩で助け切れず心を痛めていた「ふき」と出会い、そして
「ヒー様」なる不思議な人との出会いで終わっていました。
今回はそのヒー様が絡んで、吉之助の舞台が進展します!
[su_label type=”info”]他にもこんな記事が読まれています![/su_label]
西郷どん(せごどん)全話ネタバレと感想と視聴率まとめ

[su_label type=”info”]他にもこんな記事が読まれています![/su_label]
鹿児島弁(NHK大河西郷どん)のセリフの意味やタイトルの薩摩言葉を翻訳してみた!

[su_label type=”info”]他にもこんな記事が読まれています![/su_label]
西郷どん(せごどん)のオープニングのロケ地の滝は鹿児島のどこ?和太鼓の団体も調査
[ad#co-1]

第10話『ヒー様の正体』

徳川斉昭との面会の様子を斉彬に報告すると
『相変わらず面白いお方じゃ」と斉彬は笑い、
慶喜(松田翔太)にまで目通りしてきたという吉之助に
『どうじゃ、一橋様と更に懇意になれぬか』と斉彬からの言葉が。

『ヒー様、いえ、一橋様とでございもすか?』
そして、吉之助は重大な任務を受けるのでした。

吉之助は、大山と俊斎を伴い再び、品川宿へと出向き、
ヒー様の連れとして、その座敷に入り込むのと
『何しに来た?この牛男』
と憮然とした態度のヒー様!
しかし自ら「一橋慶喜」だと明かされます。
そこには、慶喜が斉彬の魂胆を見抜いているからでした。

『お前んとこの殿に、俺は将軍になどなりたくない!迷惑してると、そう伝えておけ!』
吉之助の頭は混乱するばかり!?
『将軍?何の話でごわすか?』まるで理解ができません。

そこへフキの叫び声がし、仲間のタマが倒れたという事件が勃発する。
飛んでいくと医者?がタマの腕に短刀を突き立て瀉血(しゃけつ)していました。
『その方、蘭方医か?誰だ?』との慶喜問いに
「無粋」ということで、素性を明かさぬままその者は立ち去ってしまいます。
[ad#co-1]

吉之助に新たなお役目が?

品川での出来事を斉彬に報告すると
『一橋様も、一筋縄ではいかぬお人じゃ』と。

先に江戸入りしていた篤姫は、斉彬の嫡男「虎寿丸」と仲良く過ごしていたのですが、
そこに実父「島津忠剛」の死の知らせが舞い込むのでした。
取り乱した篤姫は姿を消してしまうのですが、吉之助は篤姫を品川の海が見える場所で見つけ出し
『篤姫様、悲しいときは泣いたらよか』
そして篤姫は号泣するのです。

『こん篤の父は、御父上ただ一人とないもした』
と身勝手な行動を詫びる篤姫に
『於篤。わが娘として、さらには薩摩藩の娘として、輿入れをしてもらいたい』
と斉彬は言い渡します。
吉之助は腰が抜けるほど驚いたのですが
『輿入れ先は徳川家定公。まごうことなき公方様じゃ』
放心状態の吉之助の前に、堂々たる一人の中年女性が現れる!

『このたびはお招きにあずかりまして、光栄至極にございます。幾島ただいままかり越しました』

この幾島(南野陽子)は、篤暇が山出し(田舎者)のため、御台所教育をせんと
京の近衛家から呼び出された「指南役」でした。

そして、吉之助には「篤姫様用人」というお役目が言い渡され
『こん命を懸けて、篤姫様をお守りいたしもす!』という吉之助に
『もす、もす・・・これは先が思いやられますなぁ』と苦笑いする幾島と斉彬。

厳しい御台所教育!

翌日から、篤姫は「言葉使い」「所作」「書道」「琴」「薙刀」など、諸芸一般を叩き込まれる、厳しい日々が続くのです。
「篤姫が笑われることは薩摩の恥」とまで言われ、負けん気の篤姫は何が何でもと…

『御台所としての篤姫の一番のお役目とは、将軍家のお世継ぎたるお子を産むことにございます』
幾島は、篤姫に枕絵を参考としての性教育までする姿に
『御台所になっとは、ただ嫁に行くんのとは、わけがつがいのぉ・・・』
と、部屋から追い出された吉之助はしみじみ思います。

追い出された吉之助には、待ち受けていた人物が。

そこには、以前品川の磯田屋でタマの治療にあたった医者が待っているのでした。
福井藩の橋本佐内と名乗り、福井藩の藩医とは仮の姿で密偵だったのです。

そして、斉彬宛への密書を差しだすのでですが、その内容とは松平慶永の企てといい
『例の企て?』について、吉之助にはさっぱりわからない?
『一橋慶喜さまを次の将軍にたてまつる策にございますよ』
吉之助にとっては、篤姫が輿入れし次の世継ぎを生むということしかなく、理解できない。

佐内は様々な状況を説明してくれるのですが、あまりに吉之助が無知なため、憮然として立ち去ってしまうのでした。

篤姫の幸せとは・・・

慶永からの書状を斉彬に渡しはしたものの、斉彬から「下がれ」と言われても納得できない吉之助。
『おかしか・・・次の公方様がお二人のないもす』
斉彬は吉之助を睨みつけ
『この日の本には一刻の猶予もない!早急に一橋様のような英邁なお方を公方様に・・・』

『ないごて?篤姫様は幸せになっために、お輿入れをなさっとではございもはんか!』
吉之助は斉彬に問いただしますが

『違う。 於篤は…不幸になる』

さて、斉彬の企ての行く先は?ヒー様の出方は?篤姫の悲劇は?
吉之助には、到底図りしてないことです。

コメント