海老一染之助の経歴やネタ動画をまとめ!資産や師匠と息子についても調査

訃報

伝統芸能の太神楽(だいかぐら)コンビで実の兄弟の染太郎と海老一染之助・染太郎というコンビを組んでいた

『お染ブラザーズ』の愛称で正月番組では必ず出演していた程の鉄板コンビだった。
2002年に兄の染太郎がお亡くなりになり、染之助はピンで芸能活動をしていたが
この度2017年12月6日に肺炎で83歳でお亡くなりになるという訃報が報じられた。

先にお亡くなりになった兄の染太郎さんの葬儀で大号泣しながら
『おめでとうございま〜〜す!!』と送った海老一染之助さん

そんな彼のネタ動画や経歴、資産や息子さんについてご紹介していきます!

ではどうぞ〜

海老一染之助の経歴やプロフのまとめ



プロフィール
本名は村井正親=むらい・まさちか
生年月日 1934年10月1日
出身 東京都新宿区
コンビでの役割 曲芸担当
学歴 日大中退

父親は三遊亭圓駒。

主な経歴

・1945年9月 二代目海老一海老蔵(九代目桂文楽の妻の父親)に入門。
・1946年12月 新宿末広亭で「海老一勝太郎・小福」の名で初舞台を踏む。
・1949年  「海老一染之助・染太郎」に改名。
・1960年5月 旧:ソ連文化省より招聘を受け旧:ソビエト連邦にて公演。
                    初の海外公演。
・1965年2月 米国ABCテレビ出演。
・1988年10月 フジテレビ「笑っていいとも!」にレギュラー出演(1989年3月まで)。
・1989年3月 CDシングル「おめでとうございます!!」をリリース。
・2002年2月 染太郎、死去。以後、染之助がピンで活動。
・2003年1月 落語家の林家木久蔵(現:木久扇)と共に「海老一染之助・木久太郎」を正月限定で結成。
・2004年1月落語家でタレントの桂米助と共に「お染ブラザーズ2004」を正月限定で結成。
             「おめでとうございま〜す」の着ボイスが「いろメロミックス」内「着と〜く」にて配信開始。
・2017年12月 染之助、死去。
    引用 wikipedia


海老一染之助さんは
コンビのマネジメントも担当されており、落語も達者だったようです
また、日本舞踊では花柳錦蔵を名乗っておられました

日本の伝統芸能がアメリカや旧ソ連(現ロシア)でも受け入れられていたのが凄いですよね〜
ご兄弟がまだ26〜28歳の頃、ベルリンの壁が崩壊する以前の共産主義の時代ですからね

そして、お昼の王様番組『笑っていいとも!』にもレギュラー出演
この時54歳。テレビに出ることが成功ではないけれども、日本に止まらず世界で親しまれ
毎度お馴染みの芸をお茶の間に届け続けた結果だと思います

まるでダチョウ倶楽部的な感じでしょうか・・

海老一染之助のネタ動画や画像をまとめ


海老一染之助・染太郎を語るには言葉でなく
『芸』を観ていただくのが一番わかりやすいです!

何気に、さらりとやってのけていますが
私が知る限り一度も失敗していません。
もちろん、番組の演出等で失敗しているのは確かにありました(多分)

アキラ100%のように生放送での失敗は許されない緊張マックスな芸ではなく
観ている人達を笑顔にする、そんな芸でした^^



初めての方は鉄板のセリフを予習しておきましょう
• 「おめでとうございまーす!!」
• 「ありがとうございまーす!!」
• 「いつもより余計に(または、多く)回しております!!」
• 「喜んでやっております」
• 「弟は肉体労働、兄は頭脳労働、これでギャラは同じなの」
• 「オープン・ザ・傘」
• 傘で枡を回して「これを見た人、今後ますますご発展」
• 「土瓶を回して落とすと損をします、これがほんとの土瓶損クルーソー」
• 「土瓶の蓋を取るとき、身が落ちることもあります、身も蓋もない」
• 「胸がドビンドビン」
引用wikipedia




それではご覧ください


こちらはお馴染みの鉄板ネタです


引用YouTube動画yashiganilandチャンネルより

大変貴重なアメリカのテレビ番組の動画がこちら

引用YouTube動画shimshamdaddyチャンネルより

ノブ&フッキー「染之助・染太郎」のものまね

引用YouTube動画itoman1000さんチャンネルより

最後の動画は必要か!?


海老一染之助の資産や師匠と息子について調査してみた


息子さんと師匠について

師匠については経歴でも触れましたが、2代目海老一海老蔵さんに入門したので
師匠に当たると思います。

次に、これはご存知に方も多いと思いますが
息子さんは村井正信さん(元テレビ東京のキャスター)

 現在は人事異動で報道局次長兼クロスメディア取材センター部長に就任されています。
  *2016年6月24日に公示されていました。
  *異動ニュース参照


資産について

これは公開されている情報がありませんが相当お稼ぎになっていると推測できます。
CMやパチンコメーカーのキャラクターもしていた事もあったのでテレビの出演ギャラよりも
高いというのが一般的なのが大きな理由です。

また、テツandトモが毎年年間営業数でトップクラスで収入も安定的、かつ金額も大きい
というのは有名な話です。

海老一染之助・染太郎さんも『おめでたい芸』をされているので
結婚式や年末年始などおめでたいイベントにはオファーが殺到していた事でしょう

こういった理由からも相当な収入が長い芸歴のキャリアの中で構築されていたので
莫大な金額になるのは間違いなさそうです。

こういった訃報のニュースが流れると資産はいくら?
などテレビでネタにされることが多いですが(某作曲家さんがお亡くなりになった時とか・・)
不謹慎な気がしますが、染太郎さんの場合はさなそうです。

これはお人柄や質素で堅実な生活ぶりから『ネタになる面白さ』がない(良い意味で)
といった事かと思います。

それではこの度は海老一染之助さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
天国でお二人で今まで以上に回して続けてくださいね!

コメント