泰明小学校アルマーニ採用に賄賂の噂あり!?批判の声や採用理由が気になる

話題のニュース

東京都中央区立泰明小学校が話題になっています。2018年度4月から入学する学生の標準服にアルマーニのデザインを採用すると発表したからです。なんと上下合わせて9万円弱になるという驚愕の事実!校長にはアルマーニとの癒着(賄賂)があったのでは?と噂が出る始末です。現在の保護者たちの批判や、何故アルマーニを採用したのか?採用理由をまとめてみました


[ad#co-1]

[su_highlight background=”#0f7cca” color=”#fefefe”]泰明小学校概要をおさらい[/su_highlight]

設立年月日:1878年
所在地:東京都中央区銀座5丁目1番13号
校長:和田利次(31代目)
主な卒業生:朝丘雪路 島崎藤村 近衞文麿など

銀座5丁目という繁華街の一角に校舎があり、今年で140周年を迎える。
過去の関東大震災や世界大戦の東京大空襲に耐えて今に至る。

公立学校は指定された通学区域に住む子どもが通うが、 商業地域で住んでいる子どもが少ないなどの事情がある「特認校」は、区内全域から児童を受け入れている。 特認校は現在区内に4校あり、そのうちの一つが泰明小学校。

目指す子どもの姿

・よく考える子ども
・思いやりのある子ども
・たくましい子ども

目指す学校像

・一人ひとりを大切に育てる泰明小学校
・明るく楽しい泰明小学校
・規律あるさわやかな泰明小学校
・学ぶ喜びや誇りのもてる泰明小学校
・安全で安心に通うことのできる泰明小学校

最近では越境入学するのが難しくなってきているという情報があります
もし、入学をされたい方は毎年夏にある学校説明会に参加し、申し込み後実施される校長先生との個別面談を行う事をお勧めします

[ad#co-1]

[su_highlight background=”#0f7cca” color=”#fefefe”]今更ですがアルマーニを簡単におさらい[/su_highlight]


設立:1975年
創業者:ジョルジオ・アルマーニ&セルジオ・ガレオッティ
本社:イタリア ミラノ

ファッション業界で最も権威のあるブランドで、メインブランド「ジョルジオ・アルマーニ」のほか、複数の姉妹ブランド、化粧品、リゾート、高級レストランなど多彩な事業を展開し、「アルマーニ」と総称される。Wikipediaより引用

うん。説明は不要の世界的超一流ブランドですね

標準服はこんなイメージですか??

[su_highlight background=”#0f7cca” color=”#fefefe”]校長とアルマーニの癒着の噂の真偽は!?[/su_highlight]

先に述べたように、泰明小学校は歴史がある由緒正しい『ブランド校』である。
そこの第31代校長が和田利次校長だ。

彼は『服育』や『アイデンティティー』という言葉を使いながら保護者向けの文書で今回の件を説明したが、賛否が分かれる内容と言える。

標準服を採用までの流れは後述するが、銀座にお店を構えるアルマーニが候補の一つとして上がったのは数年前で、その頃からアルマーニとは交渉を進めていた事が解っています。

ここで、下記に公開された標準服金額表があるのでご確認ください

洗い替えのシャツなどを含めると9万円弱の購入費用がかかる計算だ
ちなみに現在の泰明小学校の標準服は男子で17,755円、女子で19,277円なので、今回の標準服変更はいかに高額か分かると思います。

毎年入学してくるので、アルマーニ側からすれば売上が確実に見込める算段です。

ネットでの声を少し紹介してみます

キックバック

間違いなくカネが流れている

袖下

泰明小だと銀座のアルマーニが近いからなあ。
色々ありそうだな。
ニュース速報まとめより引用

まぁ〜〜ネットでは安定の批判の嵐!!

学校の先生はこういう癒着をやらかしそうですが、ここまで分かりやすい事しますか?!

そもそも、アルマーニには大きなメリットがありません(相対的に取引規模が小さいと思うから)
しかも、こんなバレバレの癒着はリスクが大きすぎますよね?
世界的ブランドですから、こんな些細な事でブランドに傷がつくような事は避けるはずです

なので、泰明小学校(和田校長)とアルマーニとの間に賄賂など癒着はない!

・・・・と私は思います^^

まぁ〜〜それでもこの校長はめちゃくちゃ叩かれると思いますが・・

アルマーニ採用の批判や採用理由について

アルマーニ採用の賛否について

まずは、ネットにある批判の数々をまとめてみました(賛成はほとんど見当たりませんでした)

「わたしが来ているスーツよりはるかに高い。私立ならいいんだろうけど。公立でしょ?制服すら疑問だけど、ブランドにする必要あるか?9万って・・・。フリーターさんなら、一つの職場で稼げるひと月分の給料くらいだぜ?お金の価値をわかってないな、校長さん。」

「価格だけがおかしいのではない。高いブランドの標準服を子どもに着せること自体、よいことだと思いません。この服を着て、校庭で遊ぶこともあるでしょう。高いものを着せて、子どもらしい生活に制限が生まれないでしょうか。大人の思惑ばかりが先立ち、子どもが置き去りにされていると思います」

「わざわざブランドを選ばずに、素材の良さで選ぶこともできたはず。高いからいいもの、安いのはダメ、という間違った刷り込みが子どもの中に生まれないか、心配しています」

「これが、高額所得家庭の子が通う私立校ならまだ分かるが、いろんな子供達が通う公立校。場所柄、比較的裕福な家庭なのだろうが、成長期の子供の制服に9万円は高すぎる。それも、校長1人の判断?職員会やPTA総会ではからずに?法律上問題なくても非常識。校長裁量はこういうところで発揮するもんじゃない。」

「この制服に決まるまでの経緯や理由がまったく見えず、唐突でした。
保護者向けの校長の文書も読みましたが、何がやりたいのか分かりませんでした」

「少しづつ大きめのサイズを買ったとしても成長期だと少なくて1回買い直し普通に2回買い直しは必要だな」

「多分、区域内居住はほとんどいない。それどころか、東京駅真ん前の城東小は区域内居住はゼロ。そういう学校は抽選で区内から入学希望者が決まる。常盤小もそう。遠い地区から通う児童対象にスクールバスまで運行してる。そういう特殊な学校は英語重点校とか、スーパーサイエンス校とかに指定されて、質の高い教育が受けられる。わざわざ抽選で名門校入れたい保護者なら、それくらいの制服代でごちゃごちゃ言わないと思うけど、デザインがよくないのかな」

以上
批判ばっかしやね〜〜〜〜
[ad#co-1]

アルマーニ採用の理由について

「平成30年度からの標準服の変更について」と題した保護者向けの文書を抜粋しました。ご覧ください。

泰明小学校という学び舎の気高さ。この伝統ある、そして気品ある空間・集団への凝集性とか、帰属意識とか、誇りとか、泰明小学校が醸し出す「美しさ」は保っていかなければと、緊張感をもって学校経営してきました。

特認校となったが泰明らしさを失わずにやっていきたい
保護者や子供たちと学校側との思いにすれ違いを感じている

言動、もちろん、公共の場でのマナー、諸々含めて、児童の心に泰明小学校の一員であることの自覚が感じられないと思うことも度々です

全員がそうではないが、ガクッと心折れる場面が多いのも事実
泰明小学校の児童はあくあるべきだと思い指導していきたい

愛校心、所属愛、学校に対する誇りが自己の存在と重なると、スクール・アイデンティティーが芽生えます。このような、ある意味エモーショナルな心が、あるいは学校に対する思いが、薄れているのではないかと危惧しております

保護者の方はどのようにお考えでしょうか?と問う文言もありました

私が危惧しているのは、泰明小学校は銀座の街と友に歩んできたということを児童や保護者の皆様にご理解いただいているのかどうかということです

越境入学であっても、銀座の街の子供だという自覚がありますか?と

標準服もその要因の一つであります。視覚的な同一性と申し上げたらよいでしょうか。泰明の標準服を身に付けているという潜在意識が、学校集団への同一性を育み、この集団がよい集団であって欲しい、よりよい自分であるためによい集団にしなければならない、というスクールアイデンティティーに昇華していくのだと考えます。

『街との絆』を感じながら泰明小で学んでほしい
地域の方々は学校を大切に考えてくれている、それは喜ばしい事
しかし、保護者の方、子供たちはそんな意識が希薄になっているのでは?
*地域の催しや企画への参加が少ない事を引き合いに出して言及していました

そこで、『ビジュアルアイデンティティー』という概念がきっかけになり意識が変化できればという思いに至った

標準服を変えれば私の危惧することが消えるわけではありません。教育は、内面の耕しであり、そこに、学校教育の質が問われるべきであると思っています。

何かきっかけ(スイッチと表現しています)がなければ、特認校の選択肢の一つとして埋もれてしまうと危惧している

ブランドに拘ったり、志向したりしているわけではありませんが、泰明小学校も銀座のランドマーク、銀座ブランドであります。

銀座の街のブランドと泰明ブランドが合わさったときに、もしかしたら、潜在意識として、学校と子供らと、街が一体化するのではないかと、また銀座にある学校らしさも生まれるのではないかと考え、アルマーニ社のデザインによる標準服への移行を決めました。

では、なぜアルマーニ社かということですが、他のブランド社(どのあたりまでをブランドと呼ぶのか悩みましたが)にもアプローチをしたのですが、程合いの違いはありますが、受け止めてもらえなかったというのが結論です。ただ、アルマーニ社だけが、思いを聞いて下さり、検討はしてみますが時間がかかります。またお約束はできませんということで3年前から、遅い歩みではありますが話が進んでおりました。

アルマーニありきで標準服選定をしていたのではない
様々なブランド(企業)へアプローチしたが受け止めてくれたのがアルマーニ社だった

そして、販売ルートの確保や生産ルートの開拓まで、社としては初めての試みですが、引き受けてくださってからは懸命に努力をしてくださいました。松屋様のルートも残してくださったり、生地、縫製も日本のメーカーにしてくださったこともありがたいことです

アルマーニ社の懸命な努力と誠実な対応があった事にコメントしています

また視覚から受ける刺激による「ビジュアルアイデンティティー」の育成は、これからの人材を育てることに不可欠である「服育」という重要な教育の一環であると考えます

標準服とは児童が毎日着る身近なアイテム
だからこそ、きちんと装う事の大切さを感じることも、国際感覚の醸成に繫がると思うと。

服育の例として、無造作に脱ぎ捨てるのではなく、きちんとたたんでから遊ぶ
背もたれにかけるといった一手間の大切さも教えたいとコメントしている

[su_highlight background=”#0f7cca” color=”#fefefe”]まとめ[/su_highlight]

校長先生の熱い思い、教育理念はよく伝わる内容だったと思います。
なので、賄賂や癒着といった黒い繋がりは全くないと確信しました。

しかし、その泰明小学校の置かれた状況に危惧をもち、そのための改善策が少しまずかったかな〜と思いましたね

越境して入学されるほとんどの方はもっと現実的で庶民感覚を持った方々だと思います
戦略は良かったが戦術で失敗した印象が否めない!!

理想は高かったが金額も高かった・・www

アルマーニの宣伝になったのは間違いない

コメント