春の選抜高校野球(2018)東海大相模(神奈川)対聖光学院(福島)の展開予想と結果速報まとめ

高校野球

[su_label type=”info”]関連記事[/su_label]
春の選抜高校野球(2018)の日程表と組み合わせやトーナメント表(pdf)まとめ
[su_label type=”info”]関連記事[/su_label]
春の選抜高校野球の歴代優勝校まとめと2018年優勝候補をスポーツ紙の予想と一緒に!
[su_label type=”info”]関連記事[/su_label]
春の選抜高校野球(2018)の注目選手や出身中学を調査!出場校の戦力分析もまとめ
[su_label type=”info”]関連記事[/su_label]
春の選抜高校野球歴代行進曲一覧と2018年の入場行進曲の歌詞や動画まとめ


[ad#co-1]

東海大相模(神奈川)対聖光学院(福島)

5日目第1試合 9時〜
[su_table]

東海大相模(神奈川) 聖光学院(福島)
7年ぶり10度目 5年ぶり5度目
打率 打率
.382 .389
防御率 防御率
0.82 0.73

[/su_table]

展開予想

打倒大阪桐蔭の最有力候補と言われる東海大相模の登場。投打ともに出場校トップクラスの実力校。とにかく打線がメガトン級!二塁打15、三塁打38、本塁打82、打点456は出場校中No.1(試合数68は4番目に多い)

そのメガトン級の打線の中心はプロも注目する三番・森下。吉田、渡邊のクリーンアップ。この三人は、新チーム発足後に本塁打を45本(森下17、渡辺19、吉田9)打っている。

投げてはエース斎藤が圧巻だ。秋の公式戦39回を投げて無失点。140キロ前後のストレートにフォークやスライダーの精度も高く、三振も取れるピッチャー。
しかし、県大会決勝で受けた怪我で一旦、離脱しており筋力低下が心配だ。

聖光学院は初戦では東筑に5-3で好ゲームを繰り広げ勝負した。強みの打線が力を発揮出来たので、このまま打線爆発を期待したい。

お互い防御率、打率ともに数字上は高アベレージを出している。
乱打戦になるのか、投手戦になるのか?何れにしても好ゲームになるのは必至だ!

結果

[su_table]

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計 H
聖光 1 0 1 0 0 0 0 0 1 3 4
東海 6 3 0 1 0 1 0 1 X 12 12

[/su_table]
【投手】
聖光学院 高坂
東海大相模 斎藤

【本塁打】

春の選抜高校野球(2018)全試合の結果速報と日程表(pdf)まとめ

[ad#co-1]

コメント