春の選抜高校野球(2018)三重(三重)対乙訓(京都)の展開予想と結果速報!

高校野球

[su_label type=”info”]関連記事[/su_label]
春の選抜高校野球(2018)の日程表と組み合わせやトーナメント表(pdf)まとめ
[su_label type=”info”]関連記事[/su_label]
春の選抜高校野球の歴代優勝校まとめと2018年優勝候補をスポーツ紙の予想と一緒に!
[su_label type=”info”]関連記事[/su_label]
春の選抜高校野球(2018)の注目選手や出身中学を調査!出場校の戦力分析もまとめ
[su_label type=”info”]関連記事[/su_label]
春の選抜高校野球歴代行進曲一覧と2018年の入場行進曲の歌詞や動画まとめ

[ad#co-1]

三重(三重)対乙訓(京都)

9日目4回戦 第3試合 13時30〜
[su_table]

三重(三重) 乙訓(京都)
4年ぶり13度目 初出場
打率 打率
.319 .353
防御率 防御率
2.92 1.94

[/su_table]

展開予想

三重がまさかの下克上!試合前の下馬評をひっくり返し日大三に圧勝した。
何と言っても大会完封勝利第1号のエース定本が圧巻だった。7安打、四死球が2、の内容だったが、連打を許す事なく危なげないピッチングだった。

売っては、4番・大川が無安打で少し心配だが、他全員安打の活躍で勝ち取ったのが大きい。

対する近畿大会4強の乙訓は、今大会で甲子園初勝利をして勢いに乗っている。
打線は全員安打で上り調子で、何よりも投手が素晴らしい活躍をした。

左腕・冨山と右腕・川畑はそれぞれ、4回5回を投げて見事勝利に貢献した。先発した冨山は初回に硬さが見られて、1本塁打含め3安打で2点を取られたが、回を重ねるごとに調子を上げてその後は0点で切り抜けた。リリーフした川畑は5回を3安打完封してピシャリと仕留めた。

乙訓の両エースと日大三を見事完封した定本の投手戦は見所だ!

結果

[su_table]

1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計 H
乙訓 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 8
三重 1 0 1 0 0 0 0 0 X 2 7

[/su_table]
【投手】
乙訓 冨山
三重 福田
 

【本塁打】
乙訓
三重 浦口(3回ソロ)

春の選抜高校野球(2018)全試合の結果速報と日程表(pdf)まとめ

[ad#co-1]

コメント