春の選抜高校野球(2018)の日程表と組み合わせやトーナメント表(pdf)まとめ

高校野球

春の選抜高校野球大会のシーズンがきました!節目の第90回記念大会なので開催まえより盛り上がりを見せています!
夏の甲子園の前哨戦のイメージもありますが、ここまでの戦い方や調整の出来、監督やスタッフ含めて総合力が試される大きな大会なので、毎回ドラマが生まれるスポーツイベントになっています。

すでに日程表は発表されており、3月16日にはトーナメント表が抽選で決定します。
トーナメントは短期決戦で一般勝負なので、組み合わせも勝敗に大きく影響するので注目したいです!

それでは、まずは大会概要から確認して行きましょう!!
[su_label type=”info”]関連記事[/su_label]
春の選抜高校野球の歴代優勝校まとめと2018年優勝候補をスポーツ紙の予想と一緒に!
[su_label type=”info”]関連記事[/su_label]
春の選抜高校野球(2018)の注目選手や出身中学を調査!出場校の戦力分析もまとめ
[su_label type=”info”]関連記事[/su_label]
春の選抜高校野球(2018)全試合の結果速報と日程表(pdf)まとめ
[su_label type=”info”]関連記事[/su_label]
新保利於(しんぽりお)のプロフや瀬戸内高校について調査!好きな芸能人はこの人!
[su_label type=”info”]関連記事[/su_label]
春の選抜高校野球歴代行進曲一覧と2018年の入場行進曲の歌詞や動画まとめ


[ad#co-1]

春の高校選抜(2018)の大会概要

名称:第90回記念選抜高等学校野球大会
主催:毎日新聞社、日本高等学校野球連盟
場所:阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)
出場校:36校(一般選考32校、21世紀枠3校、神宮大会枠1校)

今年は記念大会という事で、例年より4校多い36校で過去最多となっています。

また、今大会からタイブレーク方式を採用しているのも見所の一つです


タイブレーク方式について

    無死一、二塁や1死満塁など、点が入りやすい状況から攻撃を始め、試合を決着させる制度。
    延長13回から採用し、打順は継続して無死1、2塁から始める事で決定した。

春の高校選抜(2018)日程表

開催期間

開催期間:2018年3月23日(金)~4月4日(水)までの13日間
組み合わせ抽選会 平成30年3月16日(金)
*準々決勝の翌日は休養日
*雨天順延
*準々決勝までに雨天などで2日以上日程が延長された場合は準々決勝翌日に準決勝を行う。

開会式

開会式:3月23日午前9時〜
選手宣誓から感動するのが甲子園!!

過去の涙腺崩壊選手宣誓を紹介します
感動の選手宣誓

試合開始時間

初日 ①10時30分②13時③15時30分
2日目〜8日目 ①9時②11時30分③14時
9日目〜10日目 ①8時30分②11時③13時30分④16時

準決勝 ①11時②13時30分
決勝 12時30分

サッカーと違い、全試合を甲子園で開催されるので、当日の試合数により開始時間が違います。
朝の8時半から試合に臨むって・・もうこれ『朝練』ですよね。

トーナメント表

大会公式ページより組み合わせ表(トーナメント表)はこちらから

毎日新聞のセンバツLIVE!の組み合わせ表は試合結果もわかりやすいです。

16日に抽選会は実施され、13日間の対戦が決定した。
23日の開会式直後の開幕戦は東筑(福岡)と聖光学院(福島)が対戦。
今大会優勝候補筆頭の大阪桐蔭(大阪)は21世紀枠の佐賀の伊万里と対戦が決まった。

選手宣誓は瀬戸内(広島)の新保利於(しんぽ・りお)主将がする事に!


*写真はセンバツLIVEより抜粋


[ad#co-1]

コメント