川地民夫の現在の再婚した嫁よりも逗子の店でオススメされる生牡蠣の食べ方の癖がすごい

訃報

[su_highlight background=”#0f7cca” color=”#fefefe”]川地民夫さんの経歴などおさらい[/su_highlight]俳優の川地民夫さんがなくなりました。また昭和の名俳優がこの世から去り残念です。脳梗塞で倒れそのまま病院のベッドで再婚したさんや友人に見守られお亡くなりになりました。このブログでは最近した嫁さんや川地民夫さんが経営されていた逗子のお店での生牡蠣のエピソードをお伝えします!


[ad#co-1]

川地民夫さんの経歴などおさらい

生年月日:1938年7月21日
出身:神奈川県逗子市
学歴:関東学院大学工学部土木建築科中退
身長:173センチ
体重:68キロ
血液型:O型
趣味:ゴルフ

1958年、「陽のあたる坂道」で映画デビューし、小林旭さん、沢本忠雄さんと3人での日活「三悪トリオ」シリーズでご活躍され、その後日活を退社後は東映での出演が増えて、「まむしの兄弟」や「必殺仕置人」、「仁義なき戦い」などでご活躍されました

最近ではウルトラマンシリーズでのサワイ国連事務総長役が新しい

79歳でお亡くなりになるまで、医者に止められていたお酒とタバコは最後まで続けたそうですね

友人は「とても優しく、みんなから愛された。自分の好きなことを最後までやり続けて、人生をしっかり楽しまれたと思う」としのんだ。*Yahoo!ニュースより

人生の後半は脊髄の怪我や胃潰瘍などで闘病生活が続き映画やテレビからの露出は減っていましたが、本当に楽しく充実した人生を歩まれたのだと思いました。ご冥福をお祈りいたします

[ad#co-1]

[su_highlight background=”#0f7cca” color=”#fefefe”]再婚された現在の嫁さんについて[/su_highlight]


川地さんの結婚遍歴は少し普通とは違いました

事実婚が一回、三度の結婚となかなかのもの

最初は女優の中原早苗さんと事実婚

*こいもうさぎのブログより参照

中原さんとは未入籍のまま早期に終わりを迎えて、その後は一般女性とご結婚され娘さんをお二人授かりましたが7年で破局

次は宝塚歌劇団卒業生の麻生薫さんと再婚されます
二人ご結婚には麻生薫さんのお母さんからの強い懇願により川内さんがご結婚を決意したと言うエピソードがあります

しかし、1975年の結婚生活から7年後の1984年に麻生さんは卵巣癌に罹り1988年にお亡くなりになり死別されます

そして、現在の嫁さんと2001年に再々婚されました
お相手は日本・フランス系アメリカ人の一般女性レスリーさんです

川地さんが経営する逗子のお店を手伝っています

非常に気さくな方でお人柄もよく、お店のお客さんにも人気があるようです!

[su_highlight background=”#0f7cca” color=”#fefefe”]川地さんのお店で出される生牡蠣の食べ方が独特!?[/su_highlight]


『生牡蠣はケチャップとタバスコで食べるのが美味い!これが川地流!!』
想像の斜め上をいく食べ方ですよね・・

このエピソードには裏があリまして、実はこの話はお店に訪れたお客さんからの情報です
川地さんはBar「Leslie’s」というお店を逗子で開業されています。
お店の料理は奥さんのレスリーさんに任せっきりなので川内さんは対応できないようです

そして、定休日に無理を言って開けてもらったお客さんが開店時間の少し前に訪れると、川地さんしかいなかったそうです(お客さんもすごいな・・)

そこで、気前の良い川地さんは『美味いものでも食いに行こうよ!』と行きつけの居酒屋にお客さんと出かけます(これだけでも一生の思い出)

そこで、『生牡蠣はケチャップとタバスコで食べるのが美味い!これが川地流!!』となったのだそうですww

どうやら、タバスコが苦手なお客さんは食べれなかったそうですが、食べた友人は『感動』したそうです!

自分は生牡蠣が苦手ですが、機会があれば挑戦したいと思います(いや、ないな・・)
その後は、川地さんのお店に戻り映画に裏話などで盛り上がったそうです

PS
なので、川地さんのお店で『ケチャップタバスコ生牡蠣を提供しているのではありません!』
*画像やエピソードは『青・赤メガネ』で立体写真を楽しむブログです!より引用

コメント