台湾地震(花蓮)の今日の速報まとめ!被害状況や日本の支援についても調査

話題のニュース

台湾北東部花蓮県で日本時間7日午前0時50分頃に地震が発生しました。今日の最新速報をお届けしています!現場の被害状況日本の支援の発表や時期、規模についても出来る限り限りお伝えして参ります!

[ad#co-1]

[su_highlight background=”#0f7cca” color=”#fefefe”]台湾花蓮地震について概要おさらい[/su_highlight]

まずは、地震発生いの経緯について概要をお伝えします

台湾の中央気象局によると、6日午後11時50分(日本時間7日午前0時50分)ごろ、台湾北東部・花蓮県の沿岸を震源とするマグニチュード6・0の地震があった。台湾当局などによると、花蓮市内のホテルなどが倒壊し、消防隊が救助にあたっている。朝日新聞デジタルから参照

震源地は花蓮県中心部から北北東に20キロ程度離れた深さ10キロ、マグニチュードは6.4と推定されています

台湾東部では今月4日以降だけでも94回もの、小規模の地震が継続して起きていたようですね
日本と同じように毎年のように地震が起こり、数年おきに大規模な地震が起こっています

現場の人達の安否が気になります

[su_highlight background=”#0f7cca” color=”#fefefe”]台湾花蓮地震の現場の被害状況について[/su_highlight]

最新の現地報道局からの情報をまとめると、

『2人が死亡し186人が負傷している』
と発表しています
東森新聞直播頻道参照

現場の状況がネットでも拡散されています。


台湾では建物の強度が日本と比べて強くないので同じような地震でも被害が拡大する傾向にあります




[ad#co-1]

[su_highlight background=”#0f7cca” color=”#fefefe”]今後の日本の支援はどうなる?[/su_highlight]

今回の台湾の大地震で日本の支援が注目されています

2011年の東日本大震災で台湾が取った恩を返す時が来たからです!!

当時、多くの義援金が世界中から日本に集まった
大国であり同盟国のアメリカは勿論、先進諸国から集まったのですが、最も多くの義援金を送ってくれたのが小国の台湾だったのです。

その額は250億円と言われています!

何故それほどまでに国中をあげて国民が支援行動をしてくれたのか?
大きな理由が2つあります

一つ目は国民性
台湾人は“近隣の人が困っていたら助ける”という考え方を持っています
二つ目は
多くの台湾人が日本に対して好印象を持っているからです

昔の日本が統治していた時代からずっとそう思っていたそうです
しかし、後日談ですが日本は世界に対して感謝の言葉を政府が発表したのですが、そこに台湾は入っていませんでした。政治的な理由で中国に配慮したと推測されます(一つの中国問題)

でも、SNSの普及で個人の活動が世界を動かす時代です
こういう動きが一人の日本人女性から起こりました

「台湾の人たちにきちんと感謝の言葉を伝えたい」
 ある日本人女性デザイナーの呼びかけで始まった『謝謝台湾計画』。彼女のTwitterのつぶやきがネット上で大きく広まり、約2000万円もの寄付金を集め、台湾紙『聯合報』と『自由時報』に感謝広告を出したのである。木下諄一氏の日刊SPA!のインタビュー記事から抜粋

これら一連の事実を小説家したのがこちらです

今回の大地震で甚大な被害が報告されています
日本の対応はまだ発表されていませんが早々に安倍首相から発表される見通しです

今こそ、東日本大震災の時の恩返しをする時だと思います

最新情報追記

負傷者は202人

コメント