ネットビジネスコラム~【解説】新世界アフィリエイトVOL.2

新世界2

新世界アフィリエイト解説の2回目です。

今回は

『アフィリエイトの再定義』についてです。

いきなりアカデミックな匂いがプンプンしとるね~

【アフィリエイト=商品を紹介する人』

この定義が大部分の方の認識ではないでしょうか。

しかし、これで稼げる時代は既に終わっています。

というより、それで稼げていたのはアフィリエイト業界だけ
ではないでしょうか?(創世記の業界)

リアルビジネスでもそうですよ。

ラーメン屋があのタバコ屋の隣でできたで~

と紹介するだけで誰もその紹介者にお金払いませんよね?
そこに価値をかんじなければお金を払いません。

まぁ、まっとうな商売の精神が求められる時代になったと。

付加価値がますます求められる時代になってきた言うことかな^^

では
まずは『今の人たちは何故ものを買うのか?』について

そうです、今と昔では『買う理由』『動機』が違うのです。

昔→みんなが持ってるから自分も欲しい(何となく・・)
今→あの人(憧れのとか)が持ってるから自分も欲しい(強烈に)

こんな感じでしょうかね

まさに、個人の時代です。

例えばファッション。

昔は、殆どの流行は業界側が意図的に誘導しています。
『今年はこれをは流行らせよう!』みたいな感じです

それを、TVCMで流したり、モデルに着せ雑誌で紹介したりなどなど

つまり、マスメディアが一方的に消費者に対して仕掛けていたわけです。

そして、その『仕掛けられた』情報の中から私たちは選択するしかなかった。

今は、SNS(ソーシャルネットワーク)の発達で
誰でも情報発信が可能となった。

マスメディア=莫大なマネーなどの資源が豊富→情報発信できる立場は限られる
SNS=基本無料→個人が自由に参加、発信できる

この構図になってきたのでモノを売るにも買うにも
ガラリと消費者の行動変化が起こった。

私の認識では

【正しいかどうか→好きかどうか?】
*そもそも、大多数の歩く方向が正しいと感じてしまう事が恐ろしい・・

の価値観の劇的な変化が起こったのかな?
と思ってます。

昔は『流行と違うファッション』は『ダサい=間違っている』と
みんなと違うことは間違っているというような風潮だった。

今は、世界中の個人の嗜好や考え方に触れる事が出来るようになった事で
『自己肯定感』を得やすくなったと思います。

つまり、『これでええねやんっ!俺』と
自分を認める、自信が持てるようになった。

話を戻します。

私たちはこれからアフィリエイトでものを売るにはどうするのか?

今→あの人(憧れのとか)が持ってるから自分も欲しい(強烈に)

これがキーセンテンスです。

あの人がオススメしているから買おう、という事。

あの人になる事で『真似される』対象になる事です。

別な表現をすれば『影響力』を持つ事だと。

イチロー
木村拓哉
安室奈美恵
ホリエモン
有吉
松本人志
などなど(世代がわかる・・)

これらはわかりやすいですが
ほんだらこういった『憧れの人』になれるのか?

これは結論、なれるのですがここでは詳細は省きます。

大事なメッセージはここです。

『あの人ね!』

とまずは、区別されているか?です。

差別化は商売の基本戦略ですが、あえて『区別』としました。

つまり、まずは『誰かと同じ』では区別もされないですよね?

まずはここをしっかり認識して、自覚してビジネスを考えるだけでも
視点が変わってくるかと思います。

ここで、みんてぃあさんのメルマガ引用です。

****************************

僕らがアフィリエイトをする上で、まず考えないといけないのは、
「自分がいなくなっても、代わりがきかない存在になる」
という事です。

*********************************

至極当然の事ですが、出来ている人の少ない事。

知っていると出来るとの差は圧倒的ですね^^

では今回はここまでです。

コメント