コーヒーブレイク~社長っ!②~

続きです。

『某超繁盛店を経営する社長』にお誘いを受け
ついに夜の街へと繰り出した二人。

まずは焼き鳥屋さん、にて。

このお店・・
『めちゃくちゃ美味いっ!』
私はレバーがマンゴーの次に食べれない食材ですが
なんと『ペロっ』と戴きました。
食べ終わってからレバーと知りました。

そして、次から次とお任せで出てくる焼き鳥、焼き鳥・・
どれも最上級の味でした。
ちなみにお店は上野の裏通りにあります。
是非見つけてみてください^^

さて、社長との話は軽い世間話から入り、
口下手な社長は『おかわり』と次々と焼酎をおかわりする・・

徐々にボルテージが上がり、仕事の話へとグイグイ行きます。
私も仕事の話は『来週のワンピースネタバレ』をばらす事より好きです。

お互い、熱い理念や、あるべき姿、個人的な価値観など語り合いました。

そこで社長は
『社会貢献』

この言葉を何度も口にされました。
会社は適正利益さえあればあとは全てお客様に還元する。
そして、今のこの業界を引っくり返すくらいの価格と味で社会貢献する。

私が今までお会いした社長で最も『ダサかっこいい社長』です^^

大体、ちょっとばかし儲かれば
やれゴルフだ、ベンツだ、高級マンションだ。
そして、『しゃっちょう~~』とオネーちゃんに擦り寄られると
財布の紐が緩む社長が多い。

しかし、この方は『質素』を地で行くタイプです。
→社長は区営住宅に住んではる・・(子供は5人?位いる)
車も持ってない。頭は坊主(ハゲではない)

『社長は一番最後に贅沢する』
と言わんばかりです(言ったかどうかは定かでない)

日本一のチェーン(某業界→バレてますか?)を創る!

その為に『サムライソウルさんの力を貸して欲しい』

これは私の『俺って凄いんちゃうのん?』というプチ自慢ではありません。
私は地方店舗の『アルバイト店長』です。

その私に対して
社長が私を一人の人間として礼節と礼儀を尽くした言葉を放つ。

『育つほど頭を垂れる稲穂かな』(合ってますかぁ~?)
という言葉ありますがまさにこの社長が稲穂です。

ここまで謙虚でどんな人間からも学ぶ姿勢をお持ちの方もまた少ない。

ちなみに、この方は私のお店がオープンする時
店舗にアポなし臨店されスタッフ全員に
『お願いしますね』と自ら握手をして回られた。

その日から私は『社長LOVE』でした^^

そんな社長の人柄に完全に虜にされた『現役員陣』は全員創業当初から
ドロドロになりながら会社の反映を支えて来ました。

そして、面白いことに役員陣のほとんどが飲食業未経験。

社長の価値観出てますよね^^

スキルでなくマインドやその人柄で判断してるんやなぁ~と。

社長は『第6感』と言ってました。

名だたる上場企業の役員や業界の有名人がこの会社には転職されています。
その殆ど全ては社長の『第6感』で採用されてるみたいです。

仕事は人間同志でやるから『おもろい』事が絶対

これは私の理念ですが社長もおそらく同感だったんやと思います。

会社が大きくなると求められる能力や付き合う企業(取引先など)など
大きく変化します。いや、変化が求められるという事ですね。

つまり、変化に適応出来ない個人や会社は別々の道を歩むことになるのです。

それがお互いの為になるという真理に近い宿命です。

男女の関係に似ています。

最初は地域も学力も体力も育った環境も何もかもそれほど差がない
そんな状況で出会った友達や恋人・・

しかし、進学するにつれ学力に差が生まれ(特に大学)、社会に出て
従事する業界や企業規模、役職などで大きく価値観に差が生まれます。

そうなると、『一緒にいて心地が良い』というこの感覚

昔と変わらず持ち続ける事は難しいです。
これは自分は大丈夫でも『相手』がダメな事もあるからです。

相思相愛

この関係が保てないから難しいのです。

初恋が実らないのも頷けます。

さて話を戻しますが、
社長は創業当時の飲食未経験のメンバーを役員にまで育て上げ
この先『日本一』になるまで共に歩もうとしています。

ここに私は『ロマン』を感じずにいられません。

やりがいというより『おもろそうっ!』とワクワク感が止まらないからです。

さぁ、熱い話を繰り広げながら社長は焼酎を10杯は飲み干しています。
私はビールを3杯・・

まだまだ熱い夜は続きます。

続く・・・

コメント