『麒麟の翼』観ました。究極のメッセージここにあり。

今日は自宅でDVD鑑賞。

今月は『ハンガーゲーム』を映画館で観たので控えめにしています。

質素な生活です。

さて、この『麒麟の翼』

今更感が漂っていますが、今更鑑賞しました。

率直な感想は

【新感覚サスペンス!そして、ぐっと泣ける映画!】

こんなフレーズが飛び出しました。

中井貴一が最高に良い演技で涙を呼び寄せましたね

もちろん、阿部寛も良かったです。

そして、エンドロールでの『向井理』・・・やられた

そして、こんなセリフ
私の心に響きました、紹介します。

『人間は死ぬ直前に、ちっぽけなプライドや意地を捨てて心を開く』
『死ぬ人間のメッセージを、残された人間は聞く義務がある』

詳しくは映画を見て欲しいのですが、こんな感じの台詞だったと思います。

私なりにこう解釈しました。

『人間は覚悟が決まった時に果たすべき役割が明確になり、そして覚醒する』
『そして、そのメッセージを託された人間は、その言霊に向き合う使命がある』

こんな感じです。

特に、ネットビジネス業界への転身を決断した自分には非常に腑に落ちた言葉でした。

何事もそうだと思いますが、軸足を定める事、何かにフォーカスする事、信念をずらさない事
は非常に重要で基本です。

解りやすい例えならこうです。

『2時間後に地球が絶滅する。これは絶対的な状況。あなたならどうする?』

さぁ・・・考えてください

その時に自分に出来うるベストな選択をしませんか?
または、本当にやりたい事をしませんか?
本当にですよ

まさか、生きてるうちに行きたかったサンクトペテルブルグに行くっ!とは言わないと思います。

おそらく、おそらくですが、めちゃくちゃシンプルで誰にでも出来る事を全員がすると思います。

略奪や、強盗、レイプなど短絡的には志向し、混乱は在るかもしれませんが、
本当に最終段階(死ぬ直前)は違うと思います。

おそらくこうです・・

大事な人間の側にいる。ただ一緒にいる。
そして、『ありがとう』や『愛してる』など感謝や愛情の気持ちを伝える。

この境地です。

この感覚を新たなビジネスの船出には必要です。

本当にやりたい事は何か?
自分はどういう人間か?
具体的に、具体的に、具体的にです。

そして、決めたならば
過去の実績や拘りやプライドや、名誉などは一切捨てて、
謙虚に素直に、あるがままに受け入れる、まずはこの感覚です。

ギラギラして集中できて、すべき事が明確です。あとはやるだけ状態だからです。

死を意識した人間程強い者はいない

また、人間は死に向かって生きている。と言った人もいます。

終わりを意識するからこそ、見えてくるものがあります。

逆算思考ですね^^

皆さん、是非一度『麒麟の翼』ご鑑賞ください。

おすすめです。

あなたの愛情1クリックでブログランキング上がります

コメント